2年半かけてようやく商標登録完了!かかった期間・金額など

2019年2月、初めて商標登録を申請しました。それから約2年半。ようやく登録されました。長かった・・・

サービス自体は既に開始していたものの、その間、当該サービスはコロナ禍で壊滅的な売上に・・・。アフターコロナ(ウィズコロナ?)を見据えて続けてはいますが、旬を過ぎてはいないことを祈ります。

商標登録までの道のり

2019年1月 商工会議所の相談窓口で弁理士に出願を相談、そのまま依頼

2019年の新春。シンガポールの「ティラミスヒーロー」の商標問題が話題になっていました。

本家とは無関係の実業家が、日本で「ティラミスヒーロー」を商標登録して勝手に店舗展開していた、というものです(一応、違法ではない)。

「ティラミスヒーロー」をきっかけに商標の重要さを認識した私は、即座に商工会議所の無料相談に予約。たまたま担当となった、たまたまご近所の弁理士事務所の先生にそのまま依頼することに。先願調査も入れて7万円

弁理士先生曰く「登録可能性は70%。当事務所の先願調査では最大で登録可能性は80%ですので、70%ならばチャレンジされる方が多いです」とのことでした。

関連エントリー弁理士さんに商標登録を依頼。費用や自力でやらなかった理由など

2020年3月 拒絶通知が届く。弁理士に対応を依頼

年も明けて申請したことなどほぼ忘れかけた春の日、「拒絶通知」のお知らせが・・・。

しかし弁理士先生曰く「反論の余地大いにあり」と自信満々だったため、7万円を追加でお支払いして、応答書面を提出。

立派な反論書を提出して頂きました。

関連エントリー商標登録、拒絶通知が届く!すぐに弁理士さんに対応を依頼

2020年9月 再度の拒絶査定。申請方法を「ロゴ」に変更

だがしかし。7万円追加の成果も乏しく、その半年後に再度「拒絶通知」が届く・・・。

しかしここで諦めない弁理士先生。ここは作戦を変え、「ロゴで行きましょう」とアドバイスされる。

さすがに先生側も私に悪く感じたのかどうなのか、新規申請での費用はゼロで結構です、とのこと。

2020年11月 改めてロゴにて商標申請

ココナラでロゴを作成し、そのロゴを以て改めて新規の商標を申請。ロゴ作成に2万円

ちなみにロゴは、「アイコン+商品名」の横並びで作成しました。(食べログのロゴのような感じです)

関連エントリー ロゴ制作に、初めて『ココナラ』を利用してみた感想

2021年9月 商標が登録される

またしても商標申請について忘れかけていた頃、ついに「登録査定」を受領。←今ココ

商標登録にかかった金額

登録までにかかった費用は約20万円。

地域の弁理士先生にお願いしたため、恐らく費用がかかったほうだと思われます。※「拒絶査定への対応」までは、旧税率8%の時代でした。

先願調査・出願料(1回目)75,600円
出願時印紙代(1回目)12,000円
印紙代10年(1回目)→ そのまま登録に利用28,200円
拒絶査定への応答75,600円
ココナラでロゴ作成19,700円
先願調査・出願料(2回目)0円
出願時印紙代(2回目)0円
(税込)211,100円

最近はオンラインで商標登録の申請が出来るサービスも色々あるので、拒絶への対応などに不安がなければ、半分以下で済むでしょうね。知らんけど。

商標登録を体験してみて(まとめ)

これで安心してブランド名を使えることになりましたが、20万円を高いと見るか安いと見るかは貴方次第。

それと、新規の審査にはやはり1年はかかりますね。早めの申請が肝心ですかね。

管理人

ちなみに、弁理士事務所からは商標の証書が額縁入りで届きましたが、私はミニマリストなので、「額は要らないしその分安くして」と言いたい・・

※証書は額から出して、その辺のファイルに保管します。額はハードオフにでも売ろうかな・・・

オンライン申請のToreru(トレル)なども、機会があったら利用してみたいですね。