ロゴ制作に、初めて『ココナラ』を利用してみた感想

2020年も残りわずかです。

2019年に商標登録を申請しましたが、拒絶(却下)され、弁理士に「反論の余地あり」との助言を受けたので、更に7万円を出して反論しましたが、先日、それも見事に拒絶されました。

関連エントリー 商標登録の拒絶通知への対応意見書、7万円也。

更に反論するにはまた時間がお金をかかるということから、新たにロゴを作成し、別途そのロゴを商標申請することになりました。

さて、ロゴを作るにも、デザイナーの知り合いはいない・・・

というわけで、今回初めて、オンラインで発注出来る「ココナラ」を利用。

結果、非常に良かったので、感想を書いてみます。

ロゴデザイン系は登録者多し

デザインはオンラインでもやりやすい仕事のようなのか、玉石混淆、たくさんの出品者がいます。

私はその中でもふと目についた、この方にオーダーしました。

ココナラのロゴデザイン
画像引用元 : ココナラ

リンク なぜか大好評!!御社の思い形(ロゴ)にします 祝!まさかの連続最優秀!初校2案デザイン制作します!

評価が高いことはもちろん、紹介欄にもある「フラット・ミニマル」なデザインが、求めていたイメージに近かったこともあります。

.aiデータ納品のオプション5,000円をつけ、新規登録の300円クーポンを使って19,700円でオーダー。

以前、起業支援で紹介してもらったデザイナーさんに商品の下げ札デザインを発注したときは3万円でしたので、この2万円は非常にお安いと思います。

コツはヒアリングシートをしっかり書くこと!

オーダーして数時間後、ヒアリングシートが送られてきました。

デザイナーさん曰く、

男性ガッツポーツイメージ
デザイナーさん

ヒアリングシートの内容は、ロゴの完成度の90%を占めるほど重要です。

とのこと。

デザイナーさんとは直接顔を合わせて話が出来ない為、このヒアリングシートが唯一のコミュニケーションツールとなります。

そのため、書き上げてもすぐには送らず、一晩置いてから見直し、自分が求めるイメージを細かい部分まで可能な限り言葉にするように努めました

mayumi

結果的に期待以上のデザインが送られてきたので、ヒアリングシートをしっかり書くことは本当に重要だと感じました。

1週間で、期待を超えるデザインの提案が!

のんびり待つこと1週間。待ち望んだデザイン案が2つ、が送られてきました。

即決の素晴らしいデザイン!

選んだデザイン案を伝えると、その日のうちに納品データが送られてきました。早い!

mayumi

オプション5,000円で追加した.aiデータは、ウェブ上でロゴを使う場合はSVGデータ(拡大してもぼやけない画像データ)に変換して使えます。無料ソフトのInkscapeで出来ますよ。

.aiデータ以外の画像データは、そのまま弁理士さんに送信。改めて商標登録をお願いしました。

尚、このデザイナーさんは修正回数は無制限とのことで、微調整が必要な場合も安心です。(デザインの作り直しはもちろん別途料金)

まとめ:ココナラ、というかこのデザイナーさん、リピートします!

こんなにも簡単にデザインが依頼出来るなんて、なんと素晴らしい世の中なのでしょう。起業支援機関でマッチングをお願いしていたあの頃は、もう遠い昔に・・・

私はラッキーにも、イメージに合ったデザインをして下さるデザイナーさんに依頼出来ました。ご縁もあるとは思いますが、こちらが記入するヒアリングシートもかなり重要です。

また何かの時には、このデザイナーさんにお願いしたいと思いますね。

ココナラで依頼を検討されている方のご参考になりましたら幸いです。

参考リンク ココナラでデザインを依頼する