個人事業主になって4年目。良かったことや微妙なこと
起業・仕事

個人事業主になって4年目。良かったことや微妙なこと

独立開業して現在4年目です。それまではごく普通のサラリーマン。「雇用されて稼ぐ」のが当たり前だと思っていた、井の中の蛙でありました。

雇用されて働くだけが人生じゃない!と私は声を大にして申し上げたい。独立して良かったことなどをつらつらと書いてみます。

独立して良かったこと

1.時間が自由になる

人を外部から雇うことになると難しい場合もありますが、一人で仕事をしている限りは時間の決め方は全て自分次第です。

自分次第なので、安いオフシーズンに旅行出来たり、時には長期の旅行も出来ます。今の仕事はPCとインターネットさえあれば出来るので、やろうと思えば旅行先で仕事も出来なくもありません。

全て自由と言っても、仕事は通常では平日9時~17時と決めてPCに向かっています。時間を区切るのは大事。

2.簿記を覚えた

青色申告では、複式簿記が必要になります。

現在は「スラスラ読める 個人事業の経理」という本についていたExcelツールで日々の経理を行っています。4年経ち、複式簿記の仕組みもだいぶ理解できるようになりました。

経理はいわゆる商業簿記なので、「日商3級」の参考書も読んだことはあります。が、そちらは早々に挫折。やはり実践あるのみ。

3.税制にちょっと詳しくなった

サラリーマン時代は、確定申告が必要になっても、書類に書いている数字の意味を全く理解していませんでした。そもそも「控除」なるものの意味も良く分かっていないアホでした。

自分で確定申告をするようになり、節税を意識するようになると、控除の何たるや以外にも、収入と所得税率の関係、住民税と健康保険の計算など、自然と頭に入るように。

独立後の2年目位までは、確定申告の内容も半分以上解ってなかったと思いますが、今では人に多少は説明出来るまでにはなっていると思います。

4.色々な意味で世界が広がった

セミナーに顔を出して新しい友人が出来たり、要人にお目にかかったりする機会もあったりと、色々な人脈が出来るのも自分で仕事をしていると楽しい面の一つ。

最近は、投資や経済の勉強もするようになりました。常に「何か新しいことで商売したい」と思うようになり、様々な分野に興味が出るようになったと思います。

そもそも「自分で仕事を作る」こと自体が、今までなかった視点で物事を見させてくれるきっかけになっています。

独立してから微妙に感じていること

逆に、これはちょっと・・・な部分も無きにしも非ずで、色々と思い起こしてみます。

1.常にお金(と税金)のことを考えてる

今月の収入が良くても、来月の収入が必ずしもいいという保証はありません。黙って同じ金額の給料を毎月もらっているほうが、「安定」の意味では上です。

ちなみに2016年5月末現在、毎月の売上は40万円前後です。利益率が高い上に扶養すべき家族もなく、家賃光熱費が案分出来ることもあり、ヒーヒー感もなく割と普通に生きてます。

先ほども書きましたが、税金についてもよく意識するようになりました。サラリーマン時代は、全て自動計算されて何の疑問もなく納税、でしたから。

節税してお金を手元にどれだけ残せるか、零細事業者にとっては切実なテーマ。常に「これは経費に入れていいか」「これは控除になるのか」を考えてしまいます。

2.近所の人に「働いてない」と思われる可能性あり?

在宅のフリーランサーなので、ほぼ一日自宅で仕事です。平日の日中に外に出るのは週数回、買い物や図書館に行くときのみです。

よく挨拶するご近所さんは、私が自宅で仕事をしていることをご存じの方もいらっしゃいますが、ちょっと挨拶するくらいのご近所さんには私の仕事についていちいち説明していないので、「あの子働かずに何やってるんだろう」と思われている可能性もなくはありません。

聞かれたら答えればいいのかもしれませんが、既に「聞いちゃまずいかも」とか思われているかもしれません。

自分が気にせず堂々としていればいい話ですが・・・。

3.サラリーマンの友人と話が合わない

昔からの友人は、サラリーマンが大多数です。友人の中で現在までに独立したのはたった一人、家業を継いだのが一人。自分で事業をやっているのはその二人だけです。

故に、サラリーマンの友人の、「給料が低い」とか「残業させられる」とかいう文句を聞くだけならまだしも、コスト意識がなかったり、「文房具なら会社で貰ってくるー」とかほざいているのを聞くと、イラっとしてしまいます。

自分で商売するようになり、視点が変わってしまったためでしょうか。リーマン志向の友人との意識の乖離を感じずにはいられません。

経理とか節税とか、新しく事業を起こそうとか、そういう話が出来る気が置けない友人は、残念ながら少ない(というか先述の二人しかいない)のがとても残念です。

独立して良かった・良くなかった まとめ

「サラリーマンに戻りたいか」と聞かれたら、きっぱりと言えます。

絶対にサラリーマンには戻りたくありませんッ!

上記の「微妙な点」を鑑みても、「独立して良かった」と思うほうが大きいです。

ただし、勉強のためなら、一時的にサラリーマン(もしくはバイト)してもいいとは思っています。不動産業界とかコンビニ業界とかは興味ありますし。

あなたの人生はあなただけのもの、独立してやってみるのもアリですよ。マジで。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください