商標登録、拒絶通知が届く!すぐに弁理士さんに対応を依頼

2019年1月に申請していた商標登録ですが、2020年3月になって拒絶通知が弁理士さんの事務所に届いたようです。

1年以上待たせておいて、悲しみの「拒絶」。

先願調査では、弁理士さん曰く「成功確率は提示最大80%中で70%」とのことでしたが、よもや拒絶とは・・・。

対応するかどうかの確認が来ましたが、すぐに対応を依頼しました。

拒絶理由の内容

どういう商標かはここでは伏せますが、理由としては以下のような感じでした。

特許庁
特許庁

登録しようとしている商標はただの「説明」で、日常的な単語の組み合わせである

言われてみればそうなんですが、弁理士さんは申請前に「この単語は他の意味もあると説明可能」と仰っていたんですよね。

ここはしっかり、拒絶への対応をして頂きたい。半分コンチキショーのダメもと。

拒絶への対応にもカネがかかる

今回、拒絶への対応を依頼するのに、更に追加で7万円程度お支払いしました。

対応料金は、その内容(難易度)により変わるようです。

それにしても、高い・・・高いよ・・・。

自分でやるより遥かに良かったけど

自分で商標申請をすることも考えなくもなかったですが、今回のように「拒絶通知」が来た場合、自分一人での対応は無理でした。

その点では、プロの弁理士さんに依頼して良かったと思います。

最近ではオンラインでも申請してくれる弁理士サービスもあるので、次回はそちらにしてみようかと思わなくもありません。安いですしね。

拒絶通知への対応で、確実に商標が登録されるわけではありませんが、ダメだった場合は既に弁理士さんへ支払い済みの10年分の登録料は戻ってきます。

さて、どうなる。