国民健康保険の減免申請をしてきた ※令和3年分【新型コロナウイルスの影響】

皆様、ごきげんよう。国民健康保険の通知書、皆様のお手元にも届いていますか。

私のところにも先日、高額な通知が届きましたよ・・・その額、約28万円也。

今年ももちろん業績回復はしていない(涙)ため、減免申請に行ってきました。

多くの事業者が気になると思われる点について先に書くと、減免条件の一つ「今年の収入が、去年の事業収入の3割以上減少」の”去年の事業収入”に、持続化給付金は入らないと言われました。※自治体によって解釈が異なる可能性はあります。

そのため、既に大幅に減少した去年の事業収入と比較して、更に少なめに今年の事業収入見込みを書く必要がありました。

国保の計算には持続化給付金が加味されている

ちなみに、様々な控除を駆使した結果、住民税は最低額で済みました。(幸か不幸か、0円ではありません・・・)

が、問題は国民健康保険でした。持続化給付金100万円が「事業収入」として加味され、なんと2020年分の国民健康保険(コロナ前の2019年の収入から算出した金額)より金額がわずかにUP!w

持続化給付金100万円に対して、国民健康保険に約3割持って行かれる計算に。

管理人

単純計算で、持続化給付金が手元に残るのは70万円。ないよりマシとは言え、結局税金で持って行かれたら「持続化」出来ません・・・

去年(2020年/令和2年)も国民健康保険料を「新型コロナウィルスの影響」で減免してもらっていたので、「今年も行かねば!」と早めに市役所に行くことにしました。

減免条件の「去年の事業収入」に、持続化給付金は含めない

※私の住む自治体では窓口でこう言われました。自治体によって解釈が異なる場合があります。

減免条件の「去年の事業収入」に、持続化給付金が含まれるのか含まれないのか。これが、私が最も気になっていた部分です。

冒頭にも書いたとおり、確認した結果、国民健康保険料の算出には持続化給付金を含めるのに、減免申請では含めない、と。

何ともおかしなダブルスタンダードですが、それを理屈で一切動かせないのがお役所ですw

管理人

そのため、収入見込みはしっかり計算して、去年の事業収入(持続化給付金を含めず)の7割を超えないように記入しました。

令和2年の青色申告決算書と、今年の売上台帳も添付することに

必要かどうかはわかりませんでしたが、一応、今年2月に提出した「令和2年の青色申告決算書」と、今年の売上台帳(合計額のみ)をプリントアウトして持っていったら、そのまま申請書と一緒に提出となりました。

必要書類として市のホームページには書かれていませんでしたが、審査に利用されるようです。

ちなみに、ハンコとマイナンバーカードも持って行きましたが不要でした。健康保険証の番号や国民健康保険料の通知書番号は記入しました。※申請方法は自治体により異なる可能性あり

管理人

それにしても、令和も3年になって申請は完全アナログとは一体・・・

私はマイナンバーカードもありe-Taxで確定申告しているのだから、そういう人はオンラインでさくっとは出来ないのだろうか。

審査結果は3週間後

2021年6月17日(木)に申請しましたが、市役所の方には「7月上旬に結果を郵送します」と言われました。

その間、6月30日期限の健康保険料の納付は、審査結果を待っても11月までは延滞金がかからないということでした。納付してしまったとしても、減免申請が通れば還付はされます。

ダメ元で提出したので、申請却下なら諦めるしかないですが、どうでしょう・・・。オリンピック開催のおこぼれもないし、一般のワクチン接種が終わる冬までは売上回復も怪しそうなので、何とか申請が通ってほしいです。

去年の減免申請についての記事