お金を受け入れる器が小さいと、お金があっても出て行くだけ

お金を受け入れる器が小さいと、お金があっても出て行くだけ

人によって、お金を受け入れられる器の大きさが色々あって、器が小さい人が大金を手にすると、あっという間になくなる。

という話を、苫米地英人氏の著書だったか某高額セミナーだったかで聞いた覚えがあります。

今、それをひしひしと感じております。

ちょっと稼いだら物欲が・・・

独立してからは貧乏生活にも慣れたもので、新たな物を買わなくとも「あるもので済ます」ようになっていました。

「直して使う」は当たり前。冷蔵庫の余り物を組み合わせて献立に活用。もちろん今でもやってます。

がしかし。

先月の売上が80万円を超え、欲が出てきました。

エアコン買い換えたいとか。新しいレンズ欲しいとか。

※「売上」であって「純利益」ではないですが、経費が殆どかからない職業です。

そこでふと、掲題の「お金を受け入れる器が小さいと、お金はなくなる」を思い出した次第。

お金を受け入れる器がまだ小さい

例えば、スギ花粉のアレルギーでよく引き合いに出される、コップをイメージしてもらえるとわかりやすいかも。

人によって、お金を受け入れられるコップの大きさがそれぞれあって、コップからあふれた水(お金)は、手元には残らない。

宝くじで3億円当たっても、コップが小さい人はすぐに使い切ってしまいます。

ちっと稼いでみただけで、エアコンだとか、いやー私もまだまだ器が小さい。

なにせ今月は先月80万円の半分くらいになりそうですしねw

清貧に慣れつつも、器を大きく

基本はミニマリスト的生活(やたらと持ち物が少ない)で、自炊で食費月1万円な私ですが、「明日は仕事がなくなるかも」を肝に銘じて、稼いだ月も平常心でいられるようにせねばと自戒致しました。

いきなり儲けるとよくない

徐々に売上が上がっていくのが「お金を受け入れる器」を大きくしていくのに一番ですね。

いきなり稼いでしまうと、とたんにコップから水(お金)があふれてなくなります。

自分の価値基準を持つ

私の場合、絶対的な価値を持つものとして、「お寿司」と「海外旅行」があります。

例えば、1万円のものを見たら「お寿司が3回は食べられる!」とか、10万円のものであれば「欧州への往復の航空券が買える!」と思えるので、それらと比べてそれ以上の価値があるのかと、ワンクッション入れられます。

おかげで、10万円の新しいデジカメも気になっていますが、航空券とのバトルに勝てずに、未だお迎え出来ておりません。

安定して月80万円は稼げるようになりたいですなぁ・・・

2件のコメント

  • より:

    これ刺さりますわ。最高益だした翌年に過剰投資した事を今も悔やんでいます。自分の価値基準を持つっていうのは、なるほどと思いました。こちらはご自身の理論ですか。一呼吸おくのは大事ですね。

    • mayumi(管理人) より:

      私のジェイリバイブもすっかりマイナスですわ。ほんと、トランプ何やってんだ~!ですが、アメリカ情勢に左右される日本も日本経済も、うーん、であります。
      長い目で見て、変わらず平常心でコツコツ投資、な基本に立ち返る時なのかもですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください