結局、NISA口座もSBI証券で申し込んだ

SBI証券の口座開設時、NISA口座も同時に申し込めるのですが、申し込んでいませんでした。

というのも、NISA口座を作るべきなのか判断出来なかったから。

しかし、口座開設完了から10日、勉強を重ねた結果、NISA口座も申し込みすることを決意。申込書を取り寄せました。

2016/3/13(朝 NISA口座の開設書類を申し込み
2016/3/16(水)夕方 書類到着
2016/3/17(木)朝 住民票を取得し、郵便で送付

書類は意外と少ない

既にSBI証券に特定口座(源泉徴収あり)を作ってあるので、「NISA申込」ボタンをぽちっとするだけで、数日後に申し込み書類が到着します。

sbi-sec-nisa-02

自筆で名前を書く欄以外は全て印刷されているので、かなり楽です。

自分で住民票を取りに行った

住民票取得代行サービスは無料ですが、時間がかかります。

私は1週間前に申し込んだばかりの確定拠出年金と同時にNISAを使い始めたかったので、自分で住民票を取りに行きました。

平成25年から住所は変わっていません。現在住んでいる市町村の住民票を1枚、個人番号(マイナンバー)付きで取ればOK。

sbi-sec-nisa-03

後は免許証などの身分証明書のコピーを添付して、送付完了。

SBI証券で良かったのか、ちょっと考える

毎日投資の本を読んで勉強してますが、色々な知識が入ってくればくるほど、SBI証券でNISA口座を作ってしまって良かったのか、ぶっちゃけちょっと考えております。

というのも、NISA口座は一人一つしか作れません。他の証券会社の商品のほうが良かった、という場合、簡単に「じゃそっちもNISA口座作ろう」てな感じに作れません。

他の証券会社って、例えば鎌倉投信とかセゾン投信
とか、独自の直販型商品を扱ってるところね。

ただ、直販商品のみの場合、「ほかの商品をNISAで(非課税で)運用したい」となった時に困るかもしれない。

私の場合、確定拠出年金の補完的な使い方する予定

確定拠出年金で運用出来る商品は限られてます。※私は確定拠出年金もSBI証券←あまり考えず、大手だというので申し込んでしまいました。これも良かったのかまだ考えてるという・・・

「ポートフォリオに加えたいけど個人型DCに商品がない」ものをNISAで運用する予定なので、NISAもSBI証券で良かったのかなと、自分に言い聞かせております。

直販商品も気になるけど、資金に余裕が出来たらサテライト的にやることにします。

※ひふみはSBI証券でも「ひふみプラス」があるので、NISA枠内で買付するかも。

(追記)ひふみプラスはNISAで買付始めました。→関連エントリー

リンク SBI証券