私が「○○ペイ」を使わない、大したことないかもしれない3つの理由
ポイント

私が「○○ペイ」を使わない、大したことないかもしれない3つの理由

キャッシュレス決済を政府が推奨し始めて、しばらく経ちました。

2019年10月末現在、PayPayを筆頭に、楽天ペイ・LINEペイ・メルペイなど、「○○ペイ」が非常に乱立しています。

・・・がしかし。

私は「○○ペイ」を基本的に使っておりません。

「基本的に」としたのは、以前オンライン決済使った「楽天ペイ」と、仕方なしに登録した「PayPay」のアカウントは一応あるためです(後述)。

迷っている方の参考にはならないとは思いますが、こんな人間もいるという一つの例としてお納め下さい。

1. クレジットカードの安全性が抜群

クレジットカードはそもそも歴史が長く、不正利用への対応もスタッフが熟知しており、的確です。

楽天プレミアムカード

支払時から引落しまでに時間のラグがある分、不正利用が検知された場合には、その利用を無効にしてくれます。

また、紛失したとしても、すぐにカード会社へ連絡をすれば、直ちに銀行口座に影響は出ることはまずありません。

一方、チャージして使う「○○ペイ」や電子マネーは、残高から即時引落しのため、保証があったとしても不正利用や紛失時に残高が戻ってくるのに時間がかかります

クレジットカードはユニバーサルに使えますしね。「○○ペイ」や電子マネーは、企業がサービス提供をしている国以外では使えません。

2. チャージとか面倒くさい

「クレジットカードでチャージして○○ペイで支払えば、ポイント二重取り!」

という謳い文句が、そこここで踊っています。もちろん、私もそのお得な理屈も理解出来る。

・・・がしかし。面倒なんですわ。

しかも、一旦チャージしたら、原則的に現金に戻せない(ですよね?)。

※後述しますが、「楽天ペイ」はチャージしなくても紐付いたクレジットカードから支払えます。

その昔、都会に住んでいた頃は、私も交通系カードを使っていました。もし今もSuica的な電子マネーを使っていたら、それはKIOSKで何か買う程度でなら使い続けているとは思います。

3. お金がかかる

「○○ペイ」を使うには、お金がかかります。

正確に申せば、

「○○ペイ」を使うために、スマホを持つ必要があり、スマホ維持にお金がかかる

でしょうか。

私の携帯電話は、外側(ガワ)こそスマホですが、中身は月1,000円のガラケー用のSIMカードです。

ガラケーのsimカード
ガラケーのSIMをカットして、SIMフリースマホに投入。

つまり、WiFiがない限りは外でインターネットは使えません。

「○○ペイ」を使いたいがために、最低でも月1,500円するスマホSIMに変え・・・

ないんだよな・・・。

私は在宅勤務のため、殆ど家におり、外でインターネットを使う必要性をあまり感じない、という特殊事情もあります。

外出時に「今インターネット使えればな・・・」と思うこともなくはないですが、お金を払ってまで使うほどの価値を現時点では見いだせておりません。

外でインターネットを使うために、少なくとも月+500円、つまり、年間で6,000円。

「○○ペイ」で、この6,000円分の元を緻密な計画なしで取れるとは思えない。

例外:オンライン決済で使えるペイはたまに使う

と書きながら、オンライン決済で使える「楽天ペイ」「PayPay」は、ネットショッピングで使う場合も、ごくたまにあります。

特に「楽天ペイ」はチャージせずともクレジットカード払いと同じように使えます。

楽天ペイのウェブサイト
画像引用元 : 楽天ペイ

「楽天ペイ」は、実際に、富士通のノートパソコンを購入した時(こちら)と、Boothという同人誌サイトでプログラミング本を購入した際に利用しました。

「PayPay」は、Yahoo!ショッピングの付与ポイントの一部がTポイントから変わったので登録をしていますが、ぶっちゃけまだ利用していません。

てか、TポイントとPayPayの二本立て、めっちゃわかりづらい。Yahoo!ショッピングの利用は今後減りそう。

まとめ

そもそも「スマホ(のSIM)を使ってないんかい!」なツッコミは置いておいて・・・

スマホをもし使っていたとして、利用するのは良くて「楽天ペイ」でしょうかね。昔からある「Edy」ですら、使ってませんし・・・

もう少し、乱立してまくっている「○○ペイ」が淘汰されて、揺るがないインフラとなった時には、使うかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください