ふるさと納税は法改正前の今がラストチャンス?ポイントサイトの還元率を比較してみた
ふるさと納税

ふるさと納税は法改正前の今がラストチャンス?ポイントサイトの還元率を比較してみた

2019年6月から、一部の市町村でのふるさと納税が除外されるニュースが駆け巡っております。

渦中の筆頭であろう、大阪府の泉佐野市。ここでも、5月31日までの駆け込みふるさと納税キャンペーンを実施中。

画像引用元 : さのちょく(泉佐野市)

返礼率30%以上でお得に納税したい皆様、今が最後のチャンス?です。

ふるさと納税サイトも比較してみる

返礼品の競争を煽ったとして、この競争過熱の原因の一端とも言われる、ふるさと納税紹介サイト。

一部のふるさと納税サイトでは、総務省の注意にも関わらず、返礼率の高い自治体を掲載していたとのこと(何日か前の日経新聞で読んだ)。

確かに倫理的な問題もあるかもしれませんが、そもそもお国がきちんと税金を使うべきところに使っているという透明性がないから、「ちょっとでも税金を楽にしよう」と庶民が思う根本的な原因があるのでは。

2019年6月1日の(改正)地方税法の前に、なんとか駆け込みでお得にふるさと納税をするべく、ポイントサイトも含めて比較してみました。

尚、調査したポイント還元率は、2019年5月18日時点のものです。

その1 : さとふる

画像引用元 : さとふる

CMでもおなじみ、認知度No.1の最大手「さとふる」。検索しやすく使いやすいサイトです。

主なポイントサイトの還元率

225円バックのポイントサイトは多いですが、1万円以上というしばりがあります。また、1万円以上の高額納税をしても、還元ポイント数は変わりません。

1万円以下や還元ポイントが225円以上になるなら、楽天Rebatesなど、割合でポイントバックしてくれるほうがお得です。

リンク さとふる

その2 : ふるなび

画像引用元 : ふるなび

「ふるなび」では現在、Amazonギフトカード3%還元中のキャンペーンを開催中(終了日未定)。

つまり、下記ポイントサイトの還元率と合わせて、最大4%のバックが期待出来ます。

主なポイントサイトの還元率

※ふるなびトラベル・ふるなびグルメポイントは除く。

ふるなび独自のキャンペーンもあるためか、還元率は「さとふる」よりは低いところが多いようです。

素直に一番還元率の高い、楽天RebatesかLINEショッピングを通すのが吉。

リンク ふるなび

その3 : Wowma! ふるさと納税

画像引用元 : Wowma! ふるさと納税

最近よく見る、KDDI(au系)が運営するショッピングモールです。私はソフトバンクユーザーなので使ったことはないですが。

主なポイントサイトの還元率

モッピーがポイントバックが高いですね。

知名度向上のためにプロモーションに力を入れているのか、ポイントサイトの還元率も高めです。

Wowma!独自のポイントもあるショッピングサイトですが、auユーザーでないとあまりなじみがないかもしれません。

リンク Wowma! ふるさと納税

その4 : ふるさと本舗

画像引用元 : ふるさと本舗

ふるさと本舗では現在、Amazonギフト券5%還元キャンペーンを実施中(5/31まで)。

主なポイントサイトの還元率

ここではモッピーの還元率が突出しています。

「ふるさと本舗」独自のAmazonギフト券キャンペーン5%還元と合わせると、10%還元となり、かなり大きいです。

リンク ふるさと本舗

その5 : 大阪府泉佐野市

泉佐野市にふるさと納税をする場合、2019年5月18日時点では泉佐野市が運営する「さのちょく」のみでの取り扱いとなるようです。

画像引用元 : さのちょく(泉佐野市)

ふるさと納税サイトでは自治体から紹介マージンを取っているため、泉佐野市のような知名度が高く、かつ「趣旨を逸脱した(by政府)」自治体は、ふるさと納税サイトに掲載も出来ないですし、する必要もないでしょうね。

泉佐野市に駆け込み納税するなら、今でしょ。

リンク さのちょく(泉佐野市ふるさと納税サイト)

まとめ:ふるさと納税 6月1日からウマみが減る・・・

Amazonは日本に法人税も納めていないアメリカの企業なので、Amazon商品券の返礼品は回り回って日本の利益にはなりません。

と言うのはタテマエで、目の前にエサがあると我慢せずにはいられないのが、税金は「取られるときはしっかり取られるのに、還付となるとやたら手続きが要る」が染みついている、一般ピーポーの必然なる性(さが)であります。

法改正まであと2週間。最終日や直前はサイトがパンクする可能性もゼロではないので、早めにふるさと納税をしてしまいましょう!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください