2018年の売上は580万円くらいでした
収入公開

2018年の売上は580万円くらいでした

皆様、ごきげんよう。確定申告は無事終わりましたでしょうか。

かくいう私は、日頃からコツコツと帳簿付けをしており、更にマイナンバーカードでのe-Taxなので、先日さくっと終了しました。

テスト勉強と同じで、日々の積み重ねが大事!

で、今年の売上は、580万円くらいでした。

ここから経費を引いて、更に年金や健康保険、寄付金などの控除を入れまくり、所得税は数万円程度になりました。

※年末にやった裁判所に並ぶバイトの収入は「雑所得」で、源泉所得税はしっかり入力しました。

サラリーマンと比べてどうか

所得税は明らかにサラリーマンよりは少ないでしょう。

更に言えば、家で仕事をしているため、家賃や光熱費、固定ネット代を家事按分出来ます。つまり、生活費は必然的に会社員よりは(多少)少なくなります。

だがしかし。

毎度ながら国民健康保険は高い(40万円以上)。

あと、住民税と個人事業税など地方税は4月以降に計算されて、6~8月くらいに別途請求が来ます。

雇用保険などで守られていないというデメリットもありますので、どっこいどっこいでしょうか。

2018年の振り返り

2018年は、1ヶ月ほど海外で旅行しながらノマド仕事をするという、会社員にはあり得ない働き方(遊び方?)を実践しました。

先日、美容院のお兄さん(=美容院経営者)にも、「かなり珍しいよね」とレア物扱いされました。

私も今の仕事がものすごく好きというわけではないですが、

  • 雇われなくてもなんとか食べていけて、
  • 好きなときに旅行に出られる

というだけで、続けております。

好きと胸を張って言うほどではないものの、嫌いではないので、一応常に勉強はしている。

積ん読もあるので、早く取りかかりたい。

確定申告、さっさと終わらせよう

今年2019年2月の確定申告は、お国もさすがちょっと考えたのか、UI(ユーザーインターフェイス=見た目)に多少の改善が見られました。

しかし、いまだにInternet Explorerでしかe-taxを使えない(マイナンバーカードを使う場合)とか、この辺のシステムの古さが、お役所仕事のやり方の時代錯誤感を反映しています。

そもそもの税制のわかりにくさは相変わらず。根本的にもっとシンプルにならないもんでしょうかね。

2件のコメント

  • ラル より:

    自分は、IDとパスワード方式でGoogle Chromeから、
    e-taxで申告しました。
    税制は、ほんと複雑ですよね
    所得税と住民税で、基礎控除違うとか・・・

    • mayumi(管理人) より:

      IDとパスワードだとChromeで行けるんですよねー。最新技術のはずのマイナンバーカードで、今時Internet Explorerのみって、お役所のIT環境って一体。
      基礎控除の違い、仰る通りで本当にややこしいです。それでもって国民健康保険の計算も複雑ですよね。これをシンプルにしようとする気は・・・お役所にはないんでしょうね・・・

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください