フリーランス女子、裁判の傍聴券の抽選バイトを体験する

フリーランス女子、裁判の傍聴券の抽選バイトを体験する

ボランティアで知り合った方からの依頼で、「裁判所の傍聴券の抽選に並ぶ」というバイトに初めて行ってみました。

どうやらご家族にマスコミ関係者がいらっしゃるそうで。

「平日はご自宅でお仕事ですよね?もしかして、ちょっとお願いごとしてもいいですか?」

と電話がかかってきたのが、裁判当日の1週間前。

二つ返事で「いいですよー」と、その時はよくわからず請け負ったものの、後で担当者から聞いた「協力費」名目のバイト代におったまげました。

バイト代はなんと・・・!

私は地方都市在住です。東京ではありません。

地方ですが、一応、地方裁判所(の支部?)があります。

東京とは相場が異なるとは思いますが、そのバイト代、なななんと。

5,000円!

拘束時間は1時間強でしたので、時給換算でもそのままほぼ5,000円。おいしすぎるー!

今の仕事より全然いいじゃないですか!傍聴券バイト専業になりたいくらいです。

都会では7,000円とかいうツイートもあったので、やはり5,000円は地方の相場なんでしょうかね。

バイトは楽だった

地方かつ非有名人の裁判のためか、よくテレビで見るような「傍聴券を求める行列」に並ぶことはありませんでした。

そもそも、抽選受付にも行列なし。

くじ引きの番号をばらけさせるため、担当者の指示に従って、「じゃあ今、番号を取りに行って下さい!」というタイミングで、それぞれが並ぶことなく抽選番号をゲット。

一人につき一つの番号を厳守させるため、右の手首指定でリストバンドを着けられました。

裁判所の傍聴券の抽選用リストバンド

単なる用紙だと、誰が何回貰ったかわからなくなりますものね~。

あとは、その辺のベンチに座って、他に来ていた方としゃべったりして過ごしてました。待ち時間は30分ほど。

当選番号発表!

受付時間が終了し、1分ほどで当選番号が張り出されました!

裁判所の傍聴券の当選結果発表

なんだか、大学の合格発表のようなドキドキ感です。

結果は、残念ながら落選。

他に来ていた方では少なくともお2人は当選されていたようなので、雇い主的にはOKな感じだったでしょうか。

マスコミも大変です

今回は40人ほどの傍聴席に対して、250人程度が抽選に参加したもようです。倍率は6倍。

更に注目度の高い裁判では、地方とは言え、傍聴券バイトに50人以上動員することもあるそうです。

「一般の方もいるのに、傍聴席をマスコミで独占していいのだろうか、という悩みもある」とおっしゃっていました。

警察官もいるよ

私の雇い主の担当さん曰く、「黒いスーツを着たガタイの良い男性は大抵は警察官」とのこと。

確かに、ちらほらとそういった方々も見受けられました(さすがに写真は撮ってない)。

警察とはいえ特別枠があるわけでもなく、一般人やマスコミと一緒に抽選に参加しているのには驚きでした。

まとめ:傍聴券バイトはコネ?

そもそも、傍聴券のバイトがあることすら知らなかったのですが、今回「傍聴券バイト」でググってみると、体験談はあるものの、求人情報は見つけられませんでした。

一緒に参加された方に伺うと、やはりそのマスコミ会社の中に知り合いがいるとか、そういう感じで集まっていたようです。

担当者さん曰く、

  • 人数が多い時は派遣会社に頼むことがある
  • が、自前で人員を集めた方が手数料がかからないので、なるべくそっちのほうがいい

とのこと。

傍聴券バイトをするには、やはりマスコミの中の人とのコネが重要なようです。

ちなみに、報酬はしっかり源泉徴収されていました(源泉徴収済みで5,000円支給)ので、確定申告での手間がちょっと増えました。雑収入かな~。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください