今更ながら、県民共済に加入してみた

いよいよアラフォー世代の@管理人です。

幸いなことに、今までは大病を患うことなく過ごしてきましたが、来月受ける人間ドックを前に、保険に入ることにしました。

私の母は以前保険会社に勤めていました(内勤の事務員だった)。

が、どろどろした舞台裏などを聞いたり聞かなかったり、投資や資産形成の本からの「大手生命保険会社の保険料には詐欺対策やCM料金が含まれている」という記述を鵜呑みにしている私は、あっさりと県民共済に決定。

ちなみに、元保険会社勤務の母も、県民共済に加入しています。

インターネットでさくっと申し込み

やはり時代です。郵送が主流だった都道府県民共済も、最近はインターネットで申し込みが出来るようになっています。

こちらは都民共済のトップページ。画像引用元 : 都民共済

一応”審査”があるので即時加入ではありませんが、夜中にポチッとした後、翌日のお昼には「ご加入手続き完了」のメールが来ました。

印鑑なども要らないので楽です。

その数日後に書類などが到着。結構早い。

都道府県民共済の封書

他の共済系も色々ある

大手保険会社ではない、共済系の保険は、都道府県民共済だけではありません。

まず、私は農家ではなくJAと特につながりはないため、JA共済は検討せず。

次にこくみん共済とCOOP共済ですが、内容はそれぞれ少しずつ違いますが、大差はないと思われました。

割戻金に差があり

一方、病気や死亡で保険を使う人が少ない場合、余ったお金をキャッシュバックしてくれる「割戻金(わりもどしきん)」制度が、それぞれの共済にあります。

この数値に大きな差が。

※以下表は、2019年8月1日時点の当サイト調べ。都道府県民共済については、都民共済を一例として挙げました。

都民共済(総合保証型)36.64% : 引用元
こくみん共済(総合タイプ)約16.6% : 引用元
COOP共済数値見当たらず
JA共済数値見当たらず

COOP共済とJA共済では、一般に数字を公開していないもよう。

こくみん共済が16.6%、対して都民共済は36.64%。年度によってもちろん数字は違いますが、2倍近くの差があります。

当然ながら将来的に約束された数値ではありませんし、都道府県によっては割戻金の返還率が20%を切るところもある(和歌山県など)ので、その辺はしっかりチェックしましょう。

一方、埼玉県民共済の割戻金は、40%オーバーです。働く世代が多く、病気や死亡が少ないのでしょうか?

まとめ:「とりあえずの保険」にはいいのかな

もちろん、いつ大怪我や病気になるかはわかりませんが、大手保険会社のCM代に消える保険料を払うよりは、

  • 節約した分を貯蓄(投資)に回して資産を形成
  • 保険で補えない分は貯金を使う

ほうが、特に健康に不安がない世代的にはいいのかなと・・・?

高額医療費の制度もありますしね。

保険は使わないに超したことはないので、日々健康に気をつけて過ごしたい次第です。