2017年の国民健康保険・住民税・個人事業税の納付書届く!合計で約43万円ナリ・・・

いよいよお役所様も、人民の確定申告データの処理が終わったもよう。

そんな6月の佳日、税金の納入書が続々届いております。

国民健康保険は約33万円

高い・・・。

私の2016年の所得は、確定申告書によると、307万円でした(青色申告特別控除65万円適用後)。

単純に考えて、所得の10%以上も取られている計算です。

国民健康保険の被保険者証

私の住んでいる自治体は、同じ県内でも国民健康保険料が高いほう。

所得の大きさによっちゃ、引っ越しもアリなのか?と考えてしまうレベルです。

住民税は約5.5万円

それでも住民税は、ふるさと納税のためにざっくりと計算したこともあり、想定内でした。

都城市のふるさと納税の受領証

とは言え、住民税は国民健康保険料と違い、所得控除に入れられない。

どうせ払うんですから、さっさと払います。

ちなみに個人事業税は4万円

同時期に、個人事業税の納付書も届きました。こちらも想定内の約4万円。

個人事業税は、事業用口座からの自動払込みを申し込みました。こちらは経費になるのでしっかり帳簿付けします。

まとめ:6月は税金の請求祭り・・・

特に国民健康保険。あまりに高額の請求だったので、猛烈にたまげております。

もちろん何回かに分けて納税出来るようになってはいますが、いやしかし、高い・・・。

確定申告時に払った所得税3万円超を足すと、税金の合計は50万円近いです。

  • 所得税:33,000円
  • 住民税:55,000円
  • 国民健康保険料:330,000円
  • 個人事業税:40,000円

これに、年金なんかも入ってきますから・・・

  • 国民年金:190,000円(昨年に2年前納済)

合わせて約65万円也。

1か月の売上(経費含まず)より多いんですが・・・。1年のうち2か月弱は、税金の為に働いている計算か?

副業にパートにでも出て、どこかの会社の社会保険に入りたいと思ったりもした、梅雨の午後であります・・・。