初心者おばさんが第二種電気工事士を一発合格した勉強法

皆様、ごきげんよう。

去る2022年1月28日(金)に、第二種電気工事士の合格発表がされましたね。私も無事合格しました。

画像引用元 : 電気技術者試験センター

第二種電気工事士は受験者も多く、勉強法も様々あると思います。今回は一人の例として、私が確実に筆記試験に合格するためにしたことや、参考にしたサイトや動画を紹介したいと思います。

基本的な学力

電気は初心者ですが、一応理系(物理学)で大学を卒業しています。そのため、この程度の計算問題であれば秒で解けます。

そろばんは小学生の時に取得した3級だけですが、そろばんをやっていた方であれば、計算は楽でしょう。

ま、計算問題は3問くらいしかないですけどね・・・。

筆記試験の4ヶ月前(6月末~)

筆記試験の学習スタート。

第二種電気工事士のテキスト
  • 毎日1時間のみ
  • やった単元のところだけ、付属の問題を解く
  • 2周程度を2週間で終わらせる

7月20日頃、過去問に着手。過去5年分の問題(10回分)を、コンビニでプリントアウトしました。

関連エントリー 第二種電気工事士の過去問は無料!セブンイレブンの冊子印刷で激安プリントした【60円】

7月末の時点(勉強開始1ヶ月)で、過去問の正答率は8割でした。

筆記試験の3ヶ月前(7月末~)

引き続き、過去問を毎日取り組む。

第二種電気工事士の過去問題プリント後
コンビニでプリントした、第二種電気工事士の過去問
  • 1日1回分のみ
  • 間違えた問題には印をつけ、テキストに戻って確認

解答はノートに書いて、同じ問題を何周もしました。最終的には、1回分が40分程度で解けるようになりました。※試験時間は2時間

8月末の時点(勉強開始2ヶ月)では、過去問の正答率は9割でした。

筆記試験の2ヶ月前(8月末~)

過去問もすいすい解けるようになってきたので、技能試験の準備を開始。

第二種電気工事士の技能試験の参考書
  • 過去問と技能試験の準備を、1日おきにやる
  • 過去問は1日につき1回分のみ
  • 技能試験の準備は、まずは複線図を繰り返す
  • その後、技能試験の単位作業の練習を始める(被覆剥き、のの字曲げ、圧着など)

技能試験の複線図の練習は、筆記試験の複線図の応用にも繋がります。

また、技能試験の技術問題が筆記試験の過去問にも出ているので、早めに技能試験の練習に取り組むのは悪くないと思います。

9月末の時点(勉強開始3ヶ月)では、過去問の正答率はほぼ10割。

筆記試験の1ヶ月前(9月末~)

技能試験の候補問題に着手。

第二種電気工事士の技能試験の練習
  • 過去問と技能試験の準備を、1日おきにやる
  • 過去問は1日につき1回分のみ
  • 技能試験の候補問題は1日1問のみ

この時点(技能試験まで3ヶ月)で、技能試験の13問の候補問題の1周目を終えたくらいの状況です。

筆記試験の1週間前

  • 技能試験の準備はやらず、過去問を1日2回分を5日間やる(5日で10回分)

筆記試験の100点を目指して、最後の5日間は技能試験の練習はやりませんでした。

事前にしっかり勉強したお陰で、当日も自信を持って受験。その結果、かなりの高得点(96点)で通過することが出来ました。

関連エントリー 第二種電気工事士 筆記試験(午後)を受けてきました

技能試験の2ヶ月前~前日(10月末~12月中旬)

筆記試験の翌日から、技能試験の候補問題の練習を再開。

  • 毎日1問やる
  • 苦手な作業は、問題を終えた後に単位作業として練習

私が購入した練習セットは、以下のものです。

第2種電気工事士技能試験セット モズシリーズ 電線と器具のダブルセット 電線1回分と器具

電線が1回分ですが、かなり余裕のある長さで、長さをアレンジしてケチったり再利用をしながら使ったら、余るくらいでしたw

最初は1問に1時間近くかかっていましたが、手順も段々とわかってくるので、次第に速く出来るようになっていきました。

技能試験の前日まで、1日1問。それだけです。

関連エントリー 第二種電気工事士 技能試験を受けてきました

使った教材

ざっくりと、使った教材をまとめて紹介。

筆記試験用

筆記試験の対策では本だけでは不安だったため、本を読んだ後に該当するYouTube動画を利用し、音と映像で補完。本に書き込みをしながら記憶を補強しました。

ある程度参考書をこなした後、試験3ヶ月前から始めた過去問では、過去問解説サイトを何度も利用させて頂きました。

技能試験用

技能試験では、HOZANの解説動画が役に立ちました。最初のうちは工具の使い方や、「単位作業」として、被覆剥きや電線の圧着、”の”の字曲げなどを練習。

単位作業が出来るようになってから、候補問題もHOZANを見ながらやりました。動画は1周すれば十分で、あとは参考書で答え合わせをする程度でした。

まとめ

なんだかんだで、毎日の積み重ねが大事じゃないでしょうか。どんなに疲れていようが1日も休みませんでした(筆記試験の当日だけは、かなり遠出だったので休みましたが)。

  • 毎日欠かさず1時間、やりすぎない
  • 筆記試験は試験日の4ヶ月前(6月末)から
  • 技能試験は試験日の3ヶ月前(9月末)から(一部筆記試験勉強と並行)

記憶には時間が経つほどに忘れていく「忘却曲線」というものがあります。毎日繰り返すことで、忘却曲線の下がり線を食い止め記憶が定着するので、日を開けずにやることが肝心です。

筆記試験は60点で合格なので、私の場合は勉強しすぎ感wもなくはないですが、ギリギリよりはマシでしょう。

また、技能試験はミスが一つでもあると不合格なので、筆記試験より余裕が必要です。

アラフォーのオバサンでも、第二種電気工事士は普通に合格出来ましたよ!