Yahoo!ショッピングが最近イケてないと思う3つの理由

先日の日経新聞の一面に、「ZHD、なお難路」の文字が朝刊で踊っていました。

ZHD、EC首位へ難路 ネット通販の取扱高伸び率、目標未達 ペイペイモールてこ入れ

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)は5日、2019年4~12月期の連結決算を発表した。ZOZOの買収など強化を進めるインターネット通販は取扱高の伸びが実質7%増にとどまった。スマートフォン決済で成功した大型の還元キャンペーンも期待したほどの効果が出ていない。複数のサービスを連携して顧客を囲い込む競争が激化するなか、川辺健太郎社長が掲げる「ネット通販1位」への道はまだ見えていない。…

2020/2/6付日本経済新聞 朝刊

そりゃ、そうだろうと。ユーザーの一人として吐息をついた次第。

私も最近すっかり、Yahoo!ショッピングを使わなくなりました。

私はソフトバンクユーザーなので、Yahoo!ショッピングに接点はなくもないのですが、結局Amazonか楽天を使ってしまっています。

ダメその1. TポイントとPayPayの2本立て

Yahoo!ショッピングは去年(2019年)夏まで、利用するとTポイント(期間限定ポイント含む)が貯まる仕組みでした。

しかし昨年(2019年)8月から、キャンペーンで付与される「期間限定Tポイント」が、「期間限定PayPay※」へ変更。

関連エントリー 期間限定TポイントがPayPayに変更。仕方なくPayPayに登録したの巻

(※正式名称は「PayPayボーナスライト」、付与日から60日有効)

通常ポイントは「Tポイント」で付与されるため、貯まるポイントが分散されることになります。

ポイントやマイルは言わずもがな、1種類に絞って貯めるのがセオリーです。

Yahoo!JAPANはTポイントを切ってPayPayに1本化すればいいものの、TポイントのCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)との契約問題などがあるのでしょうか。

ポイント原資が違うので付与するポイントも違うのはわかりますが、大人の事情をユーザーに押しつけているだけです。

更に、期間限定Tポイントは寄付に使えるなど、数ポイントでも有効な使い道がありましたが、期間限定のPayPayはお買い物で消費するしかありません

ガラケーSIMカードの私はキャッシュレスアプリを使いこなしておらず、期間限定PayPayなどは、消滅するだけの運命です。

ダメその2. Yahoo!カードがイケてない

2016年に、私もYahoo!カードを作りましたが、最近はめっきり楽天プレミアムカードに利用機会が取って変わられています。

Yahoo!カードで貯まるのは、期間限定ではない通常のTポイントです。別にそれは良い。

しかし、Yahoo!カードの機能や特典は、楽天カードを大きく下回ります。

Yahoo!カード楽天カード
海外旅行保険なしあり(利用付帯)
ポイント支払いできないできる
上級カードないあり

楽天カードはカードとしての実績も長く、上級カードに至っては「プライオリティパスが無料」という、旅好きには美味しすぎる特典がつけられています。

特典の多い上級カードを持ってしまうと、それをメインに使う機会も必然的に多くなります。

その点で、上級カードも何も用意していないYahoo!カードは、「年会費がかかっても良い」とする層へは一切アピール出来ず、カード消費額も低いままで終わっているのではないでしょうか。

Yahoo!カードの良いところは、PayPayへのチャージが可能な点くらいでしょう(執筆時点では他社カードでのチャージは不可)。

楽天カードは常にポイントUP等のキャンペーンを開催している一方、Yahoo!カードはウェブサイトも簡素で、楽天カードに比べると非常に寂しい。

Yahoo!ショッピングを使ってもらいたいのに、先行の楽天市場や楽天カードに劣っていては、ユーザーは着いてきません。

ダメその3. ソフトバンクスマホユーザーへの優遇をしすぎ

Yahoo!ショッピングで最大限にポイント還元を得るには、

  • Yahoo!プレミアム会員になる(+4%)
  • ソフトバンクスマホユーザーになる(+5%)

をクリアする必要があります。

※ソフトバンクスマホユーザーなら、「スマートログイン」設定で、無料でプレミアム会員になれるので、一挙両得である。

私はソフトバンクユーザーですが、スマホではないため(SIMフリースマホに通話とSMSだけのホワイトプランのSIMを入れている)、スマートログインは出来ません。

ソフトバンクスマホ以外のユーザーがプレミアム会員になるには月額462円(税抜)がかかり、年換算で6,000円近くかかります。

ソフトバンクスマホのユーザーはこれが無料なので、まだYahoo!ショッピングを使う動機にはなりえます。しかし。

ソフトバンクスマホのユーザー以外は、プレミアム会員費の1年分=6000ポイントを貯める苦労を思えば、楽天やAmazonで6000円分の買い物をしたほうが全然良いです。

ソフトバンクユーザーの囲い込みをしすぎて、他のユーザーが寄りつきにくくなってしまっている印象が否めません。

まとめ

ZOZOタウンも引き入れたり、PayPayモールを作ったりと強化を図っているYahoo!ショッピングではありますが、私は言いたい。

まずはポイントを1本化してくれ!と。

そして、カードの機能を充実させるべき。

Amazonは外資なので、一応日本の会社であるZHDを応援したい気持ちもあります。それだけに、楽天のように機能をもっと突き詰めて頑張って頂きたいですね。