サイトリニューアルしてみた:こんな仕事してて何だけど、WEBサイトのデザインは二の次ですよ?
起業・仕事

サイトリニューアルしてみた:こんな仕事してて何だけど、WEBサイトのデザインは二の次ですよ?

昨日、せこせこと当サイトのデザインを変更しました。自作です。これまでは、同様に自分で作った他のWordPressテーマを転用してました。

このサイトのオリジナルテーマを作りたいな、とは思っていたものの、日々の仕事に追われどんどん後回し。

2ヶ月位前から少しずつ作って、完成ではないものの、人様に見せられる程度にようやくなった次第。

WEBサイトのデザインは、そこまで重要じゃない

仕事上、これまで1000近くの企業サイトやECサイトを見てきましたが、成約率が高いサイト・リピーターが多いサイトには共通点があります。

それは「コンテンツ」です。

未だに、商店のオヤジが見よう見まねで作った、古臭いデザインのサイトもあります。しかし、懇切丁寧に書かれた説明、これがあると「よし、注文してみよう」となるものです。

運営者の顔が見えるのも重要。小さい会社の場合などは特にそう。

逆にデザインがめちゃくちゃしっかりしてても、中身が薄い(他サイトと同じような説明に徹しているだけ、責任者の顔写真や挨拶がない)と、完全なるオンリーワン商品でない限りは、離脱率は高くなります。

デザインで重要な点はただ一つ、スマホ対応かどうか

スマホに対応しているかどうかは、検索エンジンはチェックして順位評価に取り入れてます。

image-phone-02

PCを持たずにスマホだけでインターネットをする若者も多いです。お客様の半分かそれ以上は、スマホからのアクセスであると考えていいでしょう。

古いサイトのままだと、スマホに対応出来ていない可能性もあるので、リニューアルを考えましょう。

テンプレートを使っても良し

自分で全てのコードが把握できるという点で、私はゼロからの自作派ですが、何もわからない場合はもちろんテンプレートでも構いません。

WordPressなら、公式ディレクトリに登録されているテンプレ(テーマ)は、審査体制がきちんとしており安全です。

WordPressの公式ディレクトリに登録されていない、個々人が独自に配信しているテーマは、何が仕込まれているかわかりませんので、利用には注意が必要(でもBizVektorはいいと思う)。

良い企業サイト・ECサイトの条件

そんなわけで1000近くのサイトをチェックしてきた私が考える「良いサイト」の条件は、以下の4つ。

  • 代表者の顔写真と挨拶がある
  • 考えて書かれた、独自の丁寧な説明文
  • スマホに対応している
  • 定期的に更新されている

これさえ出来ていれば、デザインが多少微妙でも、宣伝さえうまく行けばお客様は来てくれます。多分。

あとは、サイト速度を改善するコーディングや問い合わせフォーム最適化など、テクニック的なものは私のようなフリーランサーにお任せ下さいw

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください