「石焼~きいも♪わらび~もち♪」うるさいと思っていた石焼き芋カーが、実はなかなかすごかった件

「石焼~きいも♪わらび~もち♪」うるさいと思っていた石焼き芋カーが、実はなかなかすごかった件

「石焼~きいも、わらび~もち♪早くしないと行っちゃうよ~」

の石焼き芋とわらび餅の移動販売。うちの近所にもよく来ます。

「んなもん買いに行くわけないやんけ」「うるさいからさっさとどっか行って」と冷たく心の中であしらうだけでしたが、最近、お隣さんが私の分まで買ってきてくれますw

初めて食べてびっくり、これがかなりのクオリティ。

同じ商売人として、石焼き芋カーへの偏見?を思い直すことも多く、反省の念を込めて記事にしてみました。つまりは戯言です。

最近、宣伝文句を工夫してみてる

今までのスピーカーでの宣伝は、

「石焼~きいも、焼き芋、早くしないと行っちゃうよ~」

「冷た~くて、おいし~いよ、わらび~もち」

程度。

それが今年になり、大幅に宣伝文句を改善。

「大阪の和菓子屋さんで作ってもらった、冷たくて美味しいわらびもち。200g400円から」

などと、商品の詳細を説明するように!


まず、(1) クオリティについての説明。

「プロが作ったものだから、品質に間違いない」と。「大阪の和菓子屋さん」の詳細は定かではありませんが、性善説で信じたい。

更に (2) 価格も明確化。

値段がわからないと、「わざわざ外に買いに行って、値段が高くてやめるのもなぁ・・・」という不安がありますが、そんな不安を見事に払拭です。

なかなかアピール頑張ってるやん。と、ちょっと見直しました。←なんと失礼な上から目線w

売っているもののクオリティが超高い

わらび餅

わらび餅は普通に美味しかったです。

移動販売のわらび餅

これで半分くらい。食後の女子なら普通に満腹になる。

癖が無くて柔らかくて、口に入れると自然と溶ける、スーパーのわらび餅とは絶対違うであろう、お菓子屋さんの味です。

価格的にも、プロの手作り品が200gで税込400円なら全く問題ないと思う。地域の和菓子屋さんでも多分あまり変わらない。

石焼きいも

ここでの本題はこれ。「石焼きいも」です。

そろそろ暑くなってきたのでシーズンも終盤かもしれませんが、この「石焼きいもカー」の石焼きいも、ぶっちゃけ激ウマです。

何の芋だか知らないけど、超とろっとろ。ナニコレ?安納芋?

焼き芋って、家でやるとパッサパサになるじゃないですか。

ただ焼いているだけなのに、どうしたらこのしっとり感と甘みが出るんでしょうか。芋が違うのか、焼き方が違うのか。

ちなみに冷やして食べてもメチャうまい。「冷やし石焼きイモ」でも売れると思う。

機会があったら石焼きいもカーのおっちゃんに、何の芋使ってるのか聞いてみたい。あと経営の苦労とかもw

ちなみに、芋が入ってた袋も、広告を使った手作り品。

底は表も裏も、ガムテープで補強してあります。お家でせっせと作業している姿を思い浮かべると、何故か涙がちょちょ切れる。

まとめ:石焼き芋カーは意外とすごかった

今まですっかりバカにしていました。「んなもん誰も買いに行かねーよ」と・・・

石焼き芋の移動販売ビジネス、日経新聞とか日経MJあたりで特集してくれないもんだろうか。どういう人がどう参入して、どういう苦労があって一日の売上どのくらいなのかとか。

ふつうに考えて、仕入れ代やガソリン代も考えたら一日2万円は売り上げたいところだと思う。そう思うと1000円出してくれるお客さんが20人必要。そう簡単そうには思えないのですが実際どうなんでしょう。

石焼き芋カーのセミナーとかあったら、ちょっと行ってみたくなりましたわw

コメントを残す