ブックオフオンラインで注文、店舗受取の4つのメリット!

我が家の近所にもブックオフがありますが、探している本が常にあるとは限りません。

そんな時に便利なのが「ブックオフオンライン」。

ネットで注文して、お店で受取指定が可能です。

管理人

「ネットオフ」という中古本通販サイトもあるのですが、ブックオフとは別の会社の運営です。ロゴも似ているので注意しましょう。

※私はネットオフも使っています

Amazonのマーケットプレイスよりも安い場合があるので、私も時々利用しています。

メリット1. 送料が無料に

ブックオフオンラインで自宅まで配送してもらう場合、1,500円未満の注文では配送料368円がかかります(2020年4月現在)

店舗受取指定にすれば、送料が無料になる大きなメリットがあります。

店舗受取が可能な商品・対応店舗は完全に全てではないようですが、我が地方ですら対象店舗になっているので、大体は大丈夫そう?

ブックオフオンラインのカート画面
画像引用元 : ブックオフオンライン(赤線は筆者による)

私がお気に入りに入れている本は全て、「店舗受取可」となっていますね。

1,500円未満の注文をしたい場合には、特に節約になります。

メリット2. 支払方法の選択肢が増える

ブックオフオンラインでの支払方法は、

  • クレジットカード
  • 代引き(手数料別途)

の二つだけです。

これが、店頭受取にすると、上記に加えて、

  • 現金
  • ○○ペイ系のスマホ決済
  • 電子マネー(suicaなど)

の利用が可能です。

管理人

オンラインでも○○ペイを使えるようにしてほしい気持ちもありますが、ついでに送料無料になるなら店頭受取でいいか、とも思います。

「現金で払いたい」なら、店頭受取一択です。

メリット3. ポイントの3重取りが可能

ブックオフオンラインで注文する場合、ポイントサイトの「楽天Rebates (リーベイツ)」を通して買うと、通常3%の楽天ポイントが付与されます。

ブックオフのポイントカード

これに加えて、店頭支払にすれば、

  • 楽天Rebates経由で3%の楽天ポイント
  • クレカや電子マネー、○○ペイ等のポイント
  • ブックオフの会員ポイント ← 店頭支払のみ!

で、ポイントの3重取りが可能。

管理人

ポイントカードの代わりになるアプリもあります。

クーポンが配信されることもあるので、よく使う方には必須!

少しでもお得に買うなら、やはり「オンラインで注文・店頭受取」がベスト。

ポイントサイトで還元率UPキャンペーンも

上記のポイントサイト「楽天Rebates (リーベイツ)」では、独自の還元率UPのキャンペーンを行っている時もあります。

例えば、楽天Rebates経由のブックオフオンラインの還元率は、通常3%ですが、「アプリ経由で4%」になったり。

楽天Rebatesアプリ
画像引用元 : 楽天Rebatesアプリ 2020.4.10時点

楽天Rebatesではブックオフオンラインの還元率UPはなかなかやらないので、見つけたらラッキー。

メリット4. メルマガ登録でクーポンあり

ブックオフオンラインでは、時々メルマガ等で「○○円引き」のクーポンを出してくれています。

ブックオフオンラインのキャンペーンバナー
画像引用元 : ブックオフオンライン

筆者の感覚では、1ヶ月に1回あるかないか、くらいでしょうか。

管理人

ちなみに、2020年4月頭の「よむよむ君誕生祭」では、「2500円以上で使える300円引きクーポン」が出ていました。

ちょうどその時に欲しい本が在庫なしになってしまう場合もあるのですが、タイミングが合えばこれもラッキーです。

ブックオフ店頭でも独自キャンペーンを行っている場合がありますが、オンラインで注文したものは店頭キャンペーンの対象外となります。

毎月29日は「ブックの日」キャンペーンあり

毎月29日は、ブックオフ「ブックの日」として、キャンペーンが開催されます。

ブックの日のバナー
画像引用元 : ブックオフオンライン

毎回キャンペーン内容は異なりますが、お得に買えるクーポンも出るので要チェックです。

店頭では「ポイント○倍」という内容になることがありますが、2020年4月29日の私が赴いたブックオフ店頭では、新型コロナウイルスの影響でキャンペーン中止になっていました。

まとめ

欲しい本の中古がオンラインにないこともよくありますが、今まで何度かブックオフオンラインで通販してみても、本の状態も悪くなく、私は満足です。

クーポンは割引率で考えてもかなり大きいので、出来ればクーポン期間とポイントサイトの還元率UPキャンペーンが重なっていると嬉しいですね。

その時に在庫がないと・・・でもありますが、それでも知っていて損はないと思いますよー。

関連リンク