日英仏トライリンガルの私が語る、マルチリンガルのススメ
起業・仕事

日英仏トライリンガルの私が語る、マルチリンガルのススメ

どうも、なんちゃってトライリンガルの個人事業主、mayumiです。

このブログでもちょいちょい小出しにしていますが、私は日本語ネイティブで、英語とフランス語を話します。

レベル的には、日常会話は問題ないものの、込み入ったディベートは無理。ちなみに、カタコトならイタリア語もいけます。

時々、頼まれて英語・仏語の翻訳の仕事も受けたりすることもあります。

英語以外の言語は重宝される

世の中、英語が出来る日本語ネイティブは、ごまんといます。

私なんてその方々に比べたら「オメー全然話せないじゃん」の類いです。

したがって、英語の仕事やボランティアは競争率も激しく、ボランティアでも大きな謝礼が出る活動には更に応募が殺到。

だがしかし。駄菓子菓子。

英語以外の言語習得者となると、さーと波が引くように人がいなくなります。まさにブルーオーシャン

もちろん、英語以外では活躍の機会も非常に少なくはなりますが、習得人口あたりの機会の数は格段に増える。はず。

仏語を話すの私の場合

私は、まずは話す機会を増やすため、県と市の国際交流協会の語学ボランティアに登録。

さらに、県や市の単発イベントの語学ボランティアにも、積極的に応募です。自営業だからこそ成せる業。

で、いつの間にか国際交流協会や市の担当者さん、更にはボランティアのボス的存在と顔見知りになり、ここ数年は

「フランス語(+英語)が必要になりそうなので、お願い出来ませんか?」

と、直接ご指名を頂く機会が増えました。

恐らくですが、そういう場所に出入りしている「日本語・英語・仏語OK」かつ「フットワークが軽い」人が、私ともう一人の友人の計二人しかいません。イベント時のご指名率は、ほぼ100%。

謝礼や交通費はある案件もあれば、ない案件もあります。が、時々「1日1万円」などという高額条件も出てきます。

※とは言え、ピンポイントで仏語案件の依頼が来るのは、多くても年に数回です。地方ですしね。

英語も出来るとより良い

「中国語は出来るけど、英語は出来ない」とか「フランス語は出来るけど、英語は怪しい」という友人もいますが、彼らが口を揃えて言うには、

やっぱり英語は出来たほうがいいよね」。

やはり外国人とふれあう現場では、自分が得意な言語が通じない方も多く、その場合はどうしても英語が共通語になることもあります。

英語が出来るのは当然として、更に第二外国語が出来ると、ストライクゾーンが大幅に広がるので、人材としての重宝のされ方が格段に上がります。

海外では、数カ国語習得は当たり前

日本では未だに「えっ、英語話せるの!?すごーい!」と賞賛される風潮すらありますが、海外では普通。むしろ、必要最低限の教養。

私は海外(特に欧州)に友人が多いですが、多くの友人が「自国語+英語+α」を話します。

最も多くの言語を話す友人はセルビア人で、セルビア語・英語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・クロアチア語・ハンガリー語の7カ国語を習得。

7カ国語はさすがに出来すぎですが、3カ国・4カ国語は余裕。

もちろん、地続きで色々な国と繋がっているという地理的要因、文法的に近い、などのアドバンテージは確かにあります。

しかし、私は大学を卒業してから英語を勉強しはじめて、フランス語に至っては更にその後です。(ちなみに理系学科卒)

60歳を過ぎて初めて英語を勉強して通訳案内士の資格を取ったという友人もいますし、「出来るか出来ないか」ではなく「やるかやらないか」です。

まとめ

英語に加えてもう一つ。あなたの人材価値は、確実に上がります。

ご指名を受けるようになるまでの、地道なアピールや活動も必要ですが、唯一無二の存在と認知されるや、成約率は格段にUP。

語学に限った話ではありませんし、語学が出来れば良いという話でもありませんが、話せれば色々な意味で世界が広がること、間違いなしです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください