個人型DC(確定拠出年金)の払込証明書が届く・・・今年の所得控除は〇万円!
iDeCo

個人型DC(確定拠出年金)の払込証明書が届く・・・今年の所得控除は〇万円!

今年(2016年)3月から加入した、確定拠出年金(個人型DC・iDeCo)。

自営業者のMAX金額である、67,000円(付加年金を払っているため1,000円少ない)を拠出しております。

その確定拠出年金の払込証明書(控除証明書)が、先日届きました。

今年払った額、予定を含めて603,000円也。

確定拠出年金・払込証明書

つまり、確定拠出年金だけで、控除額の欄に603,000円が書けるということです。所得税で言えば、

  • 所得税率が5%なら30,150円
  • 所得税率が10%なら60,300円
  • 所得税率が15%なら90,450円

の、節税になります。すごいな・・・。

スポンサーリンク

確定拠出年金は元本保証でもいいからやるべき

確定拠出年金は60歳まで引き出せないというデメリットはあるものの、毎年少なくない額の所得税の節税になります。

※会社員・公務員・主婦などはまた金額が変わります。

未だに「国が個人から金をむしり取ろうとしている」等という、税金恐怖症を発症している方も多いですが、「確定拠出年金」は「国民年金」とはわけが違います。

確定拠出年金は「積立方式」

普通の「国民年金」「厚生年金」等は、若い世代の掛金をそのまま年金受給者に振り分ける、賦課方式です。

若年層が減り、高齢者が増えていく現在の日本では、システムそのものに無理が出てきています。

一方、「確定拠出年金」は、自分で払った分は自分の分である積立方式です。

国民年金などの公的年金は「どうせ払っても、払った分は帰ってこないよね」感がありますが、確定拠出年金はそうではありません。支払った掛金は全て自分のものです。

投資信託に抵抗がある方なら、定期預金という商品もあります。60歳までは引き出せないけれど、節税しながら貯金出来るのはかなり得。受け取り時も年金扱いになるため税制が優遇されます。今の法律では。

小規模企業共済の払込証明書は11月10日~下旬

同じく3月から加入している小規模企業共済。これの払込証明書(控除証明書)もまもなくです。

skyosai-2016-03

先日、満額7万円×12か月分を支払ったこともあり、今年の所得控除額は90万円(のはず)。

自営業の皆様、確定申告の準備は今から頑張りましょう!

2件のコメント

  • リエ より:

    こんにちは、リエです。
    先日はWEBデザインのおすすめ本を教えていただきありがとうございました。
    でエビスコムさんのHTML5&CSS3レッスンブックを買いました。
    イチから勉強してmayumiさんのようになれるよう頑張ろうと思います。^^
    確定拠出年金されてるんですね。
    私も興味があるんで勉強してみます。税金がお得になるんですね。
    ちなみに今日もお昼ごはんはスーパーのお惣菜ですwww

    • mayumi(管理人) より:

      いえいえ~!エビスコムさんは本当にわかりやすくて、サクサク出来るので私もかなりお世話になってます。3周くらいやったらバッチリになると思いますよ!
      確定拠出年金は、「年金」なので所得控除しながらの貯金のようなものなので、節税を考える時にいの一番にやったほうがいいかなーと思います。
      私は今日のお昼ごはんは、豪華100g40円の国産鶏むね肉とキャベツの昆布茶炒めでしたー。他の食材も食べたいけど、安さに敵わず・・・

コメントを残す