日経新聞の購読を契約。サービスで一ヶ月分無料にしてもらった
経費をかける

日経新聞の購読を契約。サービスで一ヶ月分無料にしてもらった

日経新聞の1週間の試読も終わるので、朝夕刊で月ぎめ購読を申し込みました。↑の写真は頂いた景品。

配達員さんの権限だか何だかで、5月分はサービス。ああありがたや、ありがたや・・・。

newspaper-nikkei-07取り敢えず12ヶ月の購読機関に押印しましたが、配達員さん曰く、営業的な目安であって拘束力はないとのこと。

※1年分前払いしても割引はないそうです。

古新聞の回収サービスもしてくれるらしい→デメリット一つ解消

契約にあたってカレンダーなどのサービスはもはや常識化していますが、今回お願いした配達会社さんでは、

  • 夕刊配達時にいつでも古新聞回収
  • 毎月第○日曜に古新聞・段ボールまとめて回収

なんてサービスもされているよう。

image-newspaper-01

去年12月までお願いしていた配達店さん(日経の取り扱いがなく今回はお願い出来なかった)ではこういうサービスはなかった。いや、あったのかもしれないけど聞いたことはなかった。

紙の新聞のデメリットの一つとして「ゴミが溜まる」ことが挙げられますが、古新聞回収サービスがあるならさわやかに解消です。

スポンサーリンク

朝刊のみにしてもあまり安くならないから夕刊もありに

1週間の試読で、夕刊も読み応えがあったので「朝夕刊」契約にしました。

私の地域は「朝夕刊セット版4,509円」地域ですが、「朝刊のみ4,037円」も契約出来ると言われました。※地域や販売店により変わる可能性あり。

この価格設定で計算すると、夕刊の価格は472円。日曜は夕刊がないので月26日分として、夕刊1日あたり18円。

それなら「夕刊あり」でいいでしょうよ、という結論です。

支払いはYahoo!カード

今回お願いする販売店さんは読売系。なので請求元は「読売ハートサービス」になってます。

先日作った【YJカード】で支払いますよ~。

newspaper-nikkei-06

Yahoo!JAPANカードならTポイントが1%貯まります。1か月で45ポイント。何もないよりまし。

まとめ:購読を検討している場合は取扱店にサービスを確認

自分の地区へ配達を担当している配達店は、日経のカスタマーセンターに電話するとすぐに教えてくれます。

newspaper-nikkei-subscription-01

ご購読サポート:日本経済新聞より

試読をお願いする場合は、ネット申し込みよりお店に直接電話して色々聞いた方がベター。地域密着なだけに、細かな対応が期待出来る可能性大。

日経新聞の本社に個人情報がっつり掴まれてセールス攻撃されるのも悩み物。しかし配達員さんが持ってきた申込書は日経専用のものだったので、結局は情報が本社に行っちゃうのかもしれませんが。

有料だと読む気力がやっぱり違う

5月分はサービスして頂きましたが、それでも契約してお金が出ていくとなると、読む方の心意気も変わってきます。「お金払ってるんだからちゃんと読もう」と。

無料だったら多分真剣に読まないでしょう。

そんなわけで毎日、がっつり読ませて頂きますッ。

コメントを残す