下がったところでひふみプラスを1万円分スポット買い!
NISA ファンド

下がったところでひふみプラスを1万円分スポット買い!

先週、ひふみプラスがちょっと下がったので、15日に買い注文を入れ、16日に約定させました。

と言っても、ひふみプラスは今月から毎月15日で積立て買いを設定したばかり。↓

sbi-sec-nisa-123-01

関連エントリー NISAでひふみプラスに積立設定!毎月1万円からスタート

ひふみプラスは約定日が申し込みの翌日なので、どちらも6月16日(木)の約定となりました。

sbi-sec-nisa-123-02

スポンサーリンク

投資信託のスポット買いは、約定日に注意

今回、ひふみプラスを買い増ししましたが、先述の通り、SBI証券では「約定日は申込日の翌営業日」となっています。

リンク レオス ひふみプラス|SBI証券

ファンドによって申込日時に対する約定日が異なるので、必ず確認しましょう。

例えば「ジェイリバイブ」の場合は、約定日は当日(15時以降は翌営業日)です。

リンク SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)|SBI証券

価格が下がった!と思って申し込みしても、翌日値上がりしたところで約定、という場合も大いにあり得ます。「投信はコツコツ引き落としで積立て」と言われる所以でしょうか。

イギリスのEU離脱が決定したら、更なる買い増しもあり?

今大いに話題のBrexit。世論調査でも拮抗してますが、日経新聞をはじめとする経済紙は一様に「EU離脱猛反対」の論調。そりゃそうか。

国内株式は、市場に左右されにくいと思われる優良アクティブファンド(※)をポートフォリオに組み込んでいますが、離脱となれば少なからず影響を受けるでしょう。

※個人型DCでは「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ」、NISAで「ひふみプラス」を積立て中。

離脱なら恐慌発生で更に買い増しのチャンス!と呑気に構えていますが、どうでしょうか。動揺だけはしないようにしたいところです。

コメントを残す