独立したら、昔からのサラリーマン友と話が合わなくなった

独立したら、昔からのサラリーマン友と話が合わなくなった

※独立志向人間の目線の記事です。そうでない方には不快を感じさせるかもしれませんので、予めご了承下さい。

私の旧知の友は、起業したAと家業を継いだBの二人を除いて、全員サラリーマン or 公務員。更に言えば、私の家族・親戚縁者も一人もれなくサラリーマン(or 元サラリーマン)です。

友人が増えづらい在宅フリーランサーとしては貴重な友人たちですが、その一部とは年々、話が合わなくなってきているのを、ひしひしと感じております。

端的に言えば、何気ない話をするのがしんどくなってきました。

(そう思う時点で、友人としては終わっているのでしょうが・・・)

ことごとく「独立」を否定する友人C

サラリーマン歴18年の友人C子は、いつもこう言ってます。

  • 休みが全然取れないんだよねー
  • 明日仕事だからしんどい!行きたくない!
  • 給料安すぎ、お金ない
  • アホでムカつく上司がいる
  • 他にいい仕事ないし、続けるしかないよね

独立をしている方々には、ピンと来るものがあるんじゃないでしょうか・・・。

その友人C子、何故その愚痴を私に言うのかはわかりませんが、きっと何かの助けを求めているのかと思い、

(私)「自分で仕事作って稼げば?休みは自由だし、努力次第でサラリーマンより稼げるよ」

と、最初のうちは答えていました。

(独立した人なら皆そう思うであろう。)

しかし、友人Cの言い分は、にじみ出る拒否感を隠しきれない。

  • 一人で仕事するなんて絶対イヤ!頭おかしくなる!
  • 安定しないじゃん!

だそうです。

もちろん一理あるとは思うけども、その不安(?)解消させるような提案をしたとしても、真っ向否定されます。

:友人C、:私

  • ずっと一人で頭おかしくなる!ボランティアとかで友達出来たよめんどくさい。そんなの行く時間ない
  • 安定しないじゃん!努力次第だけど、私は収入増えたよそんな技能ない勉強すれば?バカだから無理。そもそも時間ない

うーん。

さすがに否定されまくって疲れるので、こういった話題は適当に流すようににしようと思っていても、例えば私が「この前○○に行ってきたよ」と言えば、「あんたはいいよね、自由で。私は全然休み取れないし」と、もれなくそっち方面に話が行ってしまいます。

いやね、確かに自由だけど、それは創意工夫や努力がその裏にあるわけで。

C子はよく連絡をくれる友人の一人ですが、あまりに会話が非クリエイティブすぎて、最近は時間が勿体なく感じるようになりました・・・。

このようにして疎遠になっていった友人が、他にもあったりします・・・。合掌。

独立して色々見えてきてしまった

私も独立以前は、サラリーマンしかやったことがありませんでした。

毎月給与明細を見るのが楽しみで、時には同僚と上司や給料の低さを愚痴る、C子と同じサラリーマンでした。

独立したら視点が広がった

独立すると、「仕事だけしていればいい」という状況は完全になくなります。

全ての判断に自分が責任を持たなければいけないし、売上を上げるにはどうすればいいかいつも考えているし、ほぼ毎日何かしら勉強しているし、常にコストパフォーマンスも意識している。

経理も覚えて、税制にやたら詳しくなった。

商売するようになって初めて、売ることの大変さ、広告や流通のしくみも理解できるようになった。マーケティングやデザインなど、自分の畑以外のことも勉強。

更に、必然的に経済の動向に常に目が行くようになり、ひいては経済に大きく影響する国内外の政治状況にもアンテナを張るようになる。

サラリーマン時代にも新聞は読んでいましたが、読む時のアンテナ感度はまるで違います。

いかにゼロから1を生み出すか、自分にしか出来ないブルーオーシャンはどこあるのか。どんな小さなところにどういうニーズ(ビジネスの芽)があるのか。考えることは常にそれ。

・・・。

うん、サラリーマンの友人(とくにC子)に、こんな私をぶつけるのは酷かもしれない。

クリエイティブな発想を持つ人もいるけど

もちろんサラリーマン友の中にも、クリエイティブな発想、前向きな考えを持っている友人もおります。

が、人に雇われて課題を与えられてそれを解決するというのは、アイディア・お金もゼロの状態から1にしようというクリエイティブさとはまた違う。

しかも、たとえその雇用主からの課題が満足に出来なかったとしても、更に雇用主が赤字だったとしても、毎月の給料は保障されているし、職を失っても雇用保険は出るし、病気で休んでも有給もあるし、辞めても代わりはいくらでもいるし、独立組から見ればサラリーマンほど、よく言えば「気楽な」、悪く言えば「甘い」、そういう職業はございません。

なので、それでいて、やれ「上司がムカツク」「いい仕事がない」等と愚痴をぶつけられると、全ての責任を背負って自分でで仕事をして食べている私は「はああ?甘えてんじゃねーよ!」となるわけです。なんかねぇ、世界がちっさい。(←自分も以前はそうであったことを棚に上げて言う)

しかしながら、「雇われることが普通」という固定観念でいてくれるC子みたいな人がいるからこそ、会社はその人を雇って更に事業を拡大出来るということも事実であり。

というわけで、たいして稼いでない個人事業主だけど、かれこれ独立して7年も経つと、色々な点でサラリーマンとは仕事に対する視点も姿勢も変わってしまいました。

で、昔からの友達とは話が合わなくなり疎遠になり。・・・こういう点でも、経営者側の人間って、孤独です。

4件のコメント

  • より:

    mayumi様、いつもブログを楽しみに拝読させて頂いております。
    本記事は、同感のあまりコメントいたしました。

    私もかつては大企業で完全週休二日制でサラリーマンをしておりましたが、現在は社員を雇用して、
    給料を払っている&週6出勤の業界で働くようになりました。いわゆるサラリーマンの特権は、辞めてからよくわかりました。

    mayumi様と同様に、私のサラリーマン友人とキャリア関係の話をしても、彼らはリスクが限定的な人たちなので、仕事の悩み相談に限っていえば、正直収穫は少ないです。ただし、向上心のある人が多いので、プレッシャーを感じる(ある難関資格に受かった、海外駐在になった、海外出張に毎月行っている・・・等といういう話を聞く)という意味では、適度によい刺激にはなります。仕組みが整った組織でハイレベルな人と働くフィールドに戻りたい気もしますが、いまの自分が目指している方向とは異なるため、自分は目の前のいばらの道を抜ける為のエネルギーに変えています。

    記事と重なりますが、私もアントレプレナー、家業継いだ人、士業の人が悩み相談では合うかなって感じです。あとは、ご自身と同様に私も、趣味や共通トピックでつながっていたりする感じですかねー。

    • mayumi(管理人) より:

      初めまして、コメントありがとうございます。社員などもおらず借金もしたこともない、ペーペーの一人個人事業主の戯言にお付き合い下さり、大変恐縮です。
      私にも海外駐在になった友人がおりますが、仰る通りで、努力をしている人たちなので会えばそれなりに刺激を受けられはするんですよね。せっかく昔から知っている仲間なだけに、日々感じる仕事の悩みを(聞いてはくれても)理解してもらえないというのが歯がゆく感じます。
      ビジネスを広げる観点からもそうですが、身近に相談し合える人と知り合うという点でも、起業後の人脈作りは本当に重要ですね。

  • ** より:

    はじめまして
    私も3年前からフリーランスで仕事をしております。
    会社にいるときと仕事に対しての向き合い方が180度変わりました
    物事を頼まれやすい自分はサラリーマンのときは何で私が・・と多々思っておりましたが
    今なら私が是非!仕事あるだけ有難いですって思えるまでになりました。
    仕事の愚痴も言わなくなりましたね、ネガティブ発言が多い友達とは一緒にいてもエネルギーを吸い取られるだけなので疎遠になろうかなと思っていた矢先だったのでコメントしてみました。

    • mayumi(管理人) より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。
      >>私が是非!
      頼られることへの満足感は、会社員時代の非ではないですよね。期待に応えられない時の力不足のがっかり感も同様ですが(笑)。
      愚痴を言う暇があるなら、勉強してもっと上に行かねば!ですね。なんだかんだ、時代は厳しいですが、お互い頑張って稼ぎましょう!!

コメントを残す