5日後のはずが2日で届いたから、ビスタプリントの名刺レビューをしてみる
経費をかける

5日後のはずが2日で届いたから、ビスタプリントの名刺レビューをしてみる

6月9日(木)に注文したビスタプリントの名刺、「お届け予定日 6月15日」って出てたのに、6月11日(土)に届きました。

web-vistaprint-09

発送は佐川急便。時間指定はなく外出中は不在表になる類です。メール便でもいい気がする。

web-vistaprint-10

佐川急便で届いた数時間後に、ビスタプリントからは「発送しました」のメールが届きました。システム的にどうなってんの?到着が遅いよりはいいですが・・・。

スポンサーリンク

そんなわけで早速レビュー

袋を開けると、名刺と共にクーポンが同梱されてました。

web-vistaprint-11

月末まで300円引きだそう。※サービス内容は時期によって変わる可能性あり。

注文時のオプション攻勢といい、押しが本当にすごいな。日本の会社も、オンライン注文ならこれくらいあからさまにやってもいいかもしれない。

肝心の名刺は、至って「ふつう」

両面カラーで約1,800円(+送料500円)と激安のため、ぺらぺらじゃないのかという点が皆さん心配かと思いますが、至って「普通」の名刺という印象。

web-vistaprint-12

マットの上質紙です。厚さ約0.23mm。コシは強くないものの、ペラペラではありません。

web-vistaprint-16

プリントパックなどの激安プリント店でも、「上質紙180kg」表示の名刺は厚さが約0.24mmと紹介されているので、同じような紙と言っていいでしょう。

色は、画面よりは現物のほうが明度が高い印象。実物のほうが明るい。

web-vistaprint-04

web-vistaprint-17

プリントも至って普通の4色分解の印刷です。解像度は1075×650ピクセルで300ppi。これも他店と同じ。

web-vistaprint-13

箱は使いやすそう

箱は前開きタイプの変わったケースです。100枚に対してちょっと余裕がありすぎる気もしますが。

web-vistaprint-15

名刺は過去にイロドリというオンラインショップで入稿オーダーしたことがありますが、白い普通の簡素な箱でした。

横から出すタイプの箱よりは、断然取り出しやすいですね。

まとめ:この価格(両面カラー+送料=\2,440)ならアリ

印刷方法や特殊加工などにやたらこだわらない限り、はっきり言って十分過ぎるでしょう。どうせ名刺なんて後で捨てられるんだし。

※オプションで厚手用紙や光沢加工など、多少の加工は出来ます。

何故か注文から二日後に到着するというスピード発送でしたが、毎回この早さなのかはわかりません。これがデフォルトなら、「あっ、名刺ない!」な時にもさくっとできていいかもしれないですね。

【参考】プレミアム名刺|ビスタプリント

コメントを残す