源泉所得税の納期特例分の書類提出は7月10日まで!e-Taxで提出する方法
確定申告・税金

源泉所得税の納期特例分の書類提出は7月10日まで!e-Taxで提出する方法

源泉所得税の納期の特例を受けている自営業者の皆様。1月~6月分の給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書の提出期限は7月10日ですよー!

リンク 納付書記載のしかた(給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書)|国税庁

3月からとあるところに仕事を頼んでいるため、この書類を今回e-Taxにてサクっと提出。

その手順を備忘録として置いておきます。

1. 源泉所得税の科目がe-Taxソフトにインストールされていることを確認

e-Taxソフトは、提出する書類の科目をそれぞれインストールする必要があります。既にインストールされている方は飛ばして2へお進みください。

今回は「源泉所得税」なので、インストールされていない場合は、e-Taxソフト起動時に出るメッセージで「追加インストール」を選びます。

e-tax-gensen-tokurei-01

ここで「源泉所得税」を選んでインストールして下さい。

e-tax-kaisetsu-01

スポンサーリンク

2. 給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書を作成(=書類の記入)

ここから書類の作成です。

2-1. 左メニュー【作成】からスタート(=用紙を準備)

「作成」メニューの「申告・申請等」から、「新規作成(N)」を選択します。

e-tax-kaisetsu-02

次の画面で、「申請・届出(A)」「科目 源泉所得税」を選択して「次へ(N)」。

e-tax-kaisetsu-03

「徴収高計算書関係」から、「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(納期特例分)」を選択し、チェックを入れて「次へ(N)」。

e-tax-gensen-tokurei-02

最後に、帳票に名前を付けて保存。これは自分でわかるようなタイトルにしておきましょう。

e-tax-gensen-tokurei-03

申告者の情報を入力する画面が出るので、必要があれば入力・訂正して「OK」。

e-tax-gensen-tokurei-04

これで、ようやく【給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書】の書類が用意出来ました。次は記入です。

2-2. 給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書を入力(=記入)

「作成」メニューの中に、2-1で用意した書類があるので、ダブルクリックで開きます。

e-tax-gensen-tokurei-05

紙の書類と同じ書式になっている入力画面が出ます。いつもの通りに入力して、「作成完了」をクリック。今すぐ提出せず、後で書き直す場合は「保存」です。

e-tax-gensen-tokurei-06

「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」の書き方についてはここでは省略します。

この画面の下のほうに、当該書類の送付を希望するかどうかの選択があります。今後もe-Taxで提出する場合は「不要」にチェックを入れておきましょう。紙の削減になり、ひいては税金の無駄遣い削減に貢献出来ます。

「作成完了」をクリックすると、以下のメッセージが出ます。

e-tax-gensen-tokurei-07

他の書類では付与が必要になる電子証明(はんこの代わり)が、不要とのこと。これは楽です。

送信画面に行けばすぐに送信(提出)出来ます。

3. 給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書を送信(=書類を提出)

3-1. 送信メニューを開く

左メニューの「送信」を選択し、先ほど記入が終わった帳票を選んで、画面右の「送信」ボタンを押します。

e-tax-gensen-tokurei-08

送信していいかの確認メッセージが出るので、「OK」。

e-tax-kaisetsu-15

3-2. e-Tax用の暗証番号を入力

暗証番号の入力画面が出ます。間違いなく入力したら、「OK」で送信です。

e-tax-kaisetsu-16

3-3. 提出完了!

お疲れ様でした。これで提出完了です。

e-tax-gensen-tokurei-09

必ず「保存」「印刷」して、提出の記録を手元に残しておきましょう。