【iDeCo】SBI証券がついに奥の手!ひふみプラスや三井住友の新規リート取り扱い開始!
iDeCo

【iDeCo】SBI証券がついに奥の手!ひふみプラスや三井住友の新規リート取り扱い開始!

楽天証券の確定拠出型年金(個人型DC)が次々に目玉のファンドを発表する裏で、しばらくだんまりでいた我らがSBI証券。

ついに目玉商品の発表ありました!

リンク 当社で人気の「ひふみプラス」DC専用ファンド等、個人型確定拠出年金プラン運用商品を計4本追加!

NISAでひふみプラス買ってるけど

私はこの春からNISAで毎月1万円、ひふみプラスを買っております(現在6万円位)。

個人型DCで買えるなら乗り換えようかな~。

確定拠出型年金では、日本株クラスには「ジェイリバイブ」を購入中。これはこれでいいファンドだと思っているので、このまま買い続けたい。

掛金の45%を割り当てている債券クラス(国内債券5%・先進国債券35%・新興国債券5%)を見直して、株式中心に組み替えようかちょっと考えますわ。

REITファンドも楽天証券に並ぶ

先日、楽天証券の個人型DCファンドラインナップが発表された際、SBI証券の主要インデックスファンドと比較をしました。

関連エントリー 楽天証券の個人型DCのラインナップ揃う!SBI証券の主要ファンドとの比較

その際、SBI証券のREITファンドに比べて、信託報酬が半額近い楽天証券のREITにハンケチを噛みしめた私でしたが、同じファンドがSBI証券にも登場!

  • 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS(信託報酬 0.2052%)
  • 三井住友・DC外国リートインデックスファンド(信託報酬 上限0.3024%)

私はこの新しいファンドに乗り換えますよ。

というわけで、楽天証券とSBI証券、ファンドの差は横並びに

楽天証券はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド。SBI証券はひふみプラス。

インデックスのバランス型・アクティブの日本株式という違いはありますが、目玉の「独立型」ファンドもお互い出揃いました。

口座管理手数料は楽天の方が今のところ勝ってますが、加入手数料はSBI証券は無料キャンペーン中。新しく加入される方は悩ましいですね・・・

リンクSBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

コメントを残す