円安でようやく外国債券価格が戻ったのでスイッチング
iDeCo

円安でようやく外国債券価格が戻ったのでスイッチング

SBI証券で運用中の個人型DC(iDeCo)。

今年3月のスタートだったので債券価格がだだ下がりでしたが、個人型DCは株式100%にすることにしてみたので、外国債券の運用益が出たところでスイッチングを申し込みました。

sbi-sec-switching-04

円安なので外国債券ファンドの価格が戻りましたが、トランポノミクスで金利が上昇しているために、債券の価格そのものは今は下落傾向。by日経新聞情報。

外国債券は為替リスクもあるから難しい気がします。インデックス投資では、リスク分散のために一部の資産に外国債券を充てるのがセオリーのようですが。

国内債券・REITは下がりっぱなし

ちなみに、国内債券はまだマイナスのまま。REIT(日本・世界)もマイナスです。プラスになったらこれらもスイッチングします。

sbi-sec-switching-05

それにしても、トランプ相場の株価の上がり方はバブルみたいで怖い。12月4日(日)のイタリアの国民投票、これも相場を左右しそうで怖い。

個人投資家は大人しく、景気に動じずにコツコツ積立てするだけですか・・・

コメントを残す