【iDeCo】ひふみ年金へのスイッチングが完了する

【iDeCo】ひふみ年金へのスイッチングが完了する

SBI証券の個人型DCで、先日「三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド」を「ひふみ年金」にスイッチングしました。

関連エントリー 個人型DCの積立中ファンドをスイッチング!方法も手順も超簡単

10月22日(土)に操作をして、10月31日(月)には「現金」に。

SBI証券・iDeCoスイッチング中

その後、11月2日(水)には「ひふみ年金」として残高に反映されてました。価額が変わってるから、11月1日(火)には既に買われてたのかも。

SBI証券・iDeCoスイッチング完了

時間がかかることは説明を読んで理解はしていましたが、実際に時間は結構かかった印象。

スポンサーリンク

このスイッチング完了の直後、アメリカ大統領選の不透明感から、ひふみ年金も例に漏れず価格を下げました(つまり現在マイナスです)。

SBI証券・ひふみ年金

通常の確定拠出年金での投信購入と同様に、スイッチングもタイミングによる売買は出来ません。

乱高下しそうなイベントがある時期には避けておいた方がいいですね。勉強になりました。

しばらくはスイッチングせず、掛金配分を変えて調整予定

今月からSBI証券の個人型DCで購入可能になる、「iFree NYダウ・インデックス」。

NY証券取引所

この資産配分は保有金額の30%としたいですが、さすがに67,000円の拠出で一度には無理。全体のバランスを見ながら、12月位までは掛金の振り分け配分を変えて、資産配分を調整したいと思います。

債券やREITが購入金額より値上がりしたら、株式にスイッチングしたいです。しばらくは値下がったままかもしれないですが・・・

コメントを残す