【iDeCo】SBI証券の個人型DCでeMAXIS最適化バランスシリーズ追加ー!
iDeCo

【iDeCo】SBI証券の個人型DCでeMAXIS最適化バランスシリーズ追加ー!

SBI証券の個人型DC(iDeCo)、ここに来て更なる攻勢。どんどん新商品の取り扱いを増やしてます。

増えすぎてむしろ悩みのタネに・・・

平素は弊社ウェブサイトをご利用頂き誠にありがとうございます。
2016/11/29より、SBI証券個人型年金規約に下記の運用商品が追加されます。

【元本変動型商品】
1. eMAXIS最適化バランス(マイゴールキーパー)
2. eMAXIS最適化バランス(マイディフェンダー)
3. eMAXIS最適化バランス(マイミッドフィルダー)
4. eMAXIS最適化バランス(マイ フォワード)
5. eMAXIS最適化バランス(マイストライカー)
6. SBI-PIMCO ジャパン・ベターインカム・ファンド

商品の詳細につきましては【制度情報】⇒【運用商品一覧】よりご確認いただけます。
以上、よろしくお願い致します。

SBI証券 個人型年金プランの加入者サイト

eMAXIS最適化バランスシリーズとは

eMAXIS最適化バランスシリーズと言えば、今の「激安信託報酬時代」を先駆ける、安くて購入しやすいファンドシリーズのeMAXISの最新商品。

今までのeMAXISシリーズと異なるのは、リスク許容度に応じてファンドの種類(マイゴールキーバーだの、マイフォワードだの)を選べる構成になっている点。

サッカーのポジションの如く、マイゴールキーパーに近いほど守備的(保守的)に、マイストライカーに近いほど攻撃的(積極的)な資産構成になってます。

リスク資産の中では国内株式の比率が多めのファンドですね。積極型になるほど債券の比率が下がり、新興国株式の比率が大きくなります。

信託報酬は全て0.54%ですが、信託財産留保額は積極型になるほど高い設定(それでも0.1%)です。

三菱UFJ国際投信の特設サイト「ポートスター」で、自分のリスク許容度にあったファンド判定も出来ます。

SBI-PIMCO ジャパン・ベターインカム・ファンドとは

eMAXIS最適化バランスシリーズの陰に隠れてしまってますが、もう一つ追加されているファンドが「SBI-PIMCO ジャパン・ベターインカム・ファンド」。

ファンドクラスは「国際債券」のアクティブファンドです。

アクティブファンドとしては、信託報酬は安めの実質0.572%程度。(以下太字は当サイトによる)

主として、投資信託証券への投資を通じ、日系企業が発行する社債等に投資することにより、安定的な収益の確保と信託財産の成長を目指します。取得時における発行体格付け(母体企業の格付けを含みます。)がA格相当以上の債券等を投資対象とし、実質組入外貨建て資産については原則として為替ヘッジを行います

SBI-PIMCO ジャパン・ベターインカム・ファンド 『愛称 : ベタイン』|モーニングスター

今はトランポノミクス相場で債券価格が下がってます。上記ベタインも安くなっているので、人によっては買い時?(投資は自己責任で)

SBI証券の個人型DCファンド追加まとめ

バランス型の選択肢、しかも優良ファンドと名高いeMAXISシリーズが増えたのは喜ばしいことです。SBI証券、グッジョブ。

私は先進国株式に60%、国内株式に30%、新興国株式に10%を割り振っているので、ここではeMAXIS最適化シリーズはスルー。

さあ、次は楽天証券、どのような反撃にでるでしょうか。個人型DC市場も盛り上がって参りましたよ。

コメントを残す