全面禁煙で客が減る、とかほざいている店はわかってない

全面禁煙で客が減る、とかほざいている店はわかってない

東京オリンピックを前に、飲食店を全面的に禁煙にしよう、という議論が活発になってます。

私はいわゆる苦煙家なので、超歓迎です。

が、居酒屋や飲食店的は「売上が落ちる」と言っているらしい。言葉は悪いがバカだと思う。

今いる客だけを守ろうとするから、そういう発想になるのではないだろうか。

「今来ていない潜在顧客」に目を向けて頂きたい、そう切に思います。

私はタバコが苦手だから、居酒屋に行きたくない

私はタバコの臭いが非常に苦手です。臭いでオエッとなります。

その場でタバコを吸われてなくても、喫煙者の衣服に染みついた臭いや、タバコの臭いが染み付いた車、カラオケの喫煙ルームも絶対イヤ。

私にとってのタバコは、ワキガに匹敵するスメハラ(スメルハラスメント)です。

カラオケは個室で禁煙専用ルームがあるからまだ良い。

が、居酒屋は個室であってもどこかからタバコの臭いはしてくるし、トイレに行く廊下もタバコで臭いし、私にとっては「出来れば行きたくない」空間。

スポンサーリンク

居酒屋はタバコが苦手な客を逃している

私はお酒は飲めるので、居酒屋そのものは楽しい飲み会があれば是非参加したい。しかしタバコの臭いがどうしても嫌で、行かないことのほうが多い。

つまり、居酒屋(や喫煙OKの飲食店)は、「行きたいけど(タバコのせいで)行けない」潜在的な顧客を逃している。

「全面禁煙になったら客が減る」と言っている飲食店経営者の方々、「全面禁煙になったら来る客もいる」ということを知って下さい。

全面禁煙になるからこそ、子連れ来店も促しやすくなったり、結局お客さんが増えたというお店もある。

従業員の健康の維持も出来ますし。

守りに入ったら「そこで試合終了だよ」

商売をやっているなら、「ビジネスチャンス」という言葉を今一度思い出して頂きたい。

他の店が「全面禁煙になってるから客が減る!法改正に断固反対!」と文句だけ言って何もしていない間に、「よし、うちの店はこれを機に他店から客を引き寄せることをしよう!」と動くべきでしょう。

商売は守りに入ったら負けです。(零細フリーランサーが言うのも何ですが。自分に同じことを言いたい)

スモーキング専門店とかは除外すれば良し

煙の法律は時代遅れ

私は海外在住経験があるためか、日本だけが「飲食店で喫煙OK」なのには時代遅れの感があります。

グローバルスタンダードから遅れてると申しますか。

インド近辺の「少女が結婚から逃げたから村人みんなで殺す」的な、「それ、いつの時代?」と感じるような、煙に対するアウト・オブ・デイト感。

世界三大スポーツのF1だって、タバコ広告が禁止になって久しいです。

(余談)私は高校生の頃、F1レーサー・ビルヌーヴのファンでした・・・ファンレターとか出したことも・・・(´・ω・`)

もちろん、ターゲットが「絶対的な喫煙者」であるようなお店などは、例外を設ければよいのだと思います。そもそもそういう店には非喫煙者や子どもは来ないでしょうし。

反対勢力に負けるな、日本政府

これまでタバコ法が時代遅れのままにされてきたのも、「喫煙者の猛反対」を盾にしたタバコ業界のロビーパワーなんでしょうか。

東京オリンピックまであと3年、ネマワシを頑張って、飲食店が全面禁煙になるように、国会議員の先生方には頑張って頂きたい所存です。

コメントを残す