友人の「ちょっとしたウェブの相談」に軽々乗ってしまったことを反省するの巻
起業・仕事

友人の「ちょっとしたウェブの相談」に軽々乗ってしまったことを反省するの巻

現在起業準備中の、とある友人A。

ウェブサイトは自前で作ってみたいとのことで、HP制作を生業としている私は、以前より相談を受けていました。

独立する友人が増えるという嬉しさからか、親切心から最初のうちは「代表者の写真と挨拶は入れた方がいいよ」とか、色々アドバイスしておりました。

・・・が。皆さまお察しの通り。それはすべきではなかった。段々と疲れてきました。

最初は「HP出来たからちょっと見て」から始まり。

  • こういう内容でどう?
  • ○○の機能をつけたいけどおすすめのプラグインある?
  • SEO会社って信用できるの?
  • ○○の設定するにはどうするの?
  • こういう機能つけようと△△してみたけど、これであってる?

・・・んもうエンドレス。

お前、プロ相手にいけしゃあしゃあと質問出来るなー!

これか、世に言う「妖怪クレクレ人間」とは。

ええ、思えば安易に相談に乗ってしまった私が悪かったんです。商品の安売りをしてしまったのは、他でもない私なんです。

スポンサーリンク

フリーランスの皆様、友人からの相談は慎重に・・・

我々ウェブの仕事をしている人間にとって、労働力はもちろんのこと、「知識」も商品です。

SEO対策、コーディング技術、プログラミング技術、デザイン、ウェブマーケティング、プラグインの知識、アクセス解析。日々勉強ですよねぇ。

image-pc-06

ですが、あまりに毎日普通にこなしている内容でもあるため、自分が専門職である意識が薄くなっていた感は否めません。

実際にAに色々質問されて、「あれ?これって普通レベルの人知らないんだー」と、改めてハッとしたことも多かったくらいです。

もっと自分のスキルにプライドを持つべきでした。

さて、何と言って相談を打ち切らせる?

Aとは来月、会う予定になっています。というわけで、現時点の私の心境としては、波風をあまり立てたくありません。

  1. 「これ以上はコンサル契約になるよ」金がかかることを主張する
  2. 「プロの所に一回相談に行ってみれば?」私もプロだがしれっと言ってみる
  3. 「それは私には難しいね」レベルの低さを装ってみる
  4. 「一応私はプロなんですけど?」怒りを表現してみる
  5. 取り敢えず放置。また連絡来たら「ちょっと仕事依頼が殺到しててねー」とかわす

何かいい案はないものかと、発言小町を見ては、「今まで無料でやってくれてたのに金取るとか言われた!ひどい!」というモンスター友人たちのアホな相談ばかりが目についてしまいますw

友人Aも自分で商売やろうとするなら、物事には対価があるってことに早々に気付いて頂きたい。

「5. 取り敢えず放置」が有力かな。今は返信を書く時間が勿体なくすら感じる。

口出ししたい気持ちを抑えろ、私

考えてみれば、「ちょっとホームページ相談したい」と友人知人に声をかけられたことは、過去にも何度かありました。

相談されたウェブサイト見ちゃうと、ダメダメなコーディングとか目についちゃって、ついつい口出ししたくなっちゃうんですよね。「これじゃ読み込みが重くなるからSEOに良くないよ」とか。それが良くない。

つい言いたくなっちゃうところをぐっと抑えて、無料なら無料の範囲で受けられる相談だけに、今後は留めようと思います。

うん、今回のことは今回のことで学びがありましたわ。

コメントを残す