2016年の投資設定まとめ・・・個人型DC・NISAの積立ファンドを整理、シンプルな構成に
iDeCo NISA 小規模企業共済

2016年の投資設定まとめ・・・個人型DC・NISAの積立ファンドを整理、シンプルな構成に

確定拠出年金(個人型DC/iDeCo)とNISAでの、積み立て中のファンドを色々と整理しました。

SBI証券の個人型DCは、やれ「ひふみ年金」や「eMaxis最適化シリーズ」が増えたりで、目移りしてしまってた部分も否定出来ず。

更に、小規模企業共済の月7万円は「債券クラス」と考えられるのではと思い始めたこともあり、全体のファンドを見直しました。個人型DCもNISAもリスク資産のみに変更です。

【関連エントリー】小規模企業共済の積立金も資産形成ポートフォリオに入れていいのか?

DCとNISAはリスク資産のみに

小規模企業共済は年利1%の非リスク資産です。月7万円も掛けているので、個人向け国債も債券ファンドもいらないと思うことにしました。

現在の月額での積立て割合はこうです。

NISAはもしも余裕があれば、スポット買いすることにします。

スポンサーリンク

個人型DC(iDeCo):月67,000円

SBI証券にて2016年3月より運用。当初より満額(付加年金加入分の1,000円を差し引いた67,000円)

トランポノミクスのお陰で、マイナス状態だった外国債券・海外REITがプラスに転じたので、iFree NYダウなどにスイッチング。ついでに新興国株式クラスを三菱UFJからEXE-iにスイッチングしてます。

分類 ファンド名 割合 金額
国内株式 SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金> 30% ¥20,100
先進国株式 ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス 30% ¥20,100
大和-iFree NYダウ・インデックス 30% ¥20,100
新興国株式 EXE-i 新興国株式ファンド 10% ¥6,700

ひふみ年金も続けたい気もしましたが、ひふみプラスをNISAで運用しても信託報酬に大差がない為、ひふみはNISAにします。

※個人型DCのほうが同じ商品でも信託報酬は低い。ジェイリバイブは0.2%位、ひふみは0.03%位。

国内株式だけは、アクティブファンドを買います。

NISA:月20,000円

こちらも6月頃から、適当な感じでだらだらファンド買っていたNISA口座。

10月からは「iFree 8資産」に積み立て始めてましたが、「債券クラスは(小規模企業共済があるから)要らない」という判断にて、先月(11月)のスポット買いにて終了。先日+2,000円位で売却しました。

12月からは、改めて以下の2つのファンドを、1万円ずつ積み立て設定。

分類 ファンド名 割合 金額
国内株式 ひふみプラス 50% ¥10,000
先進国株式 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスF 50% ¥10,000

個人型DCと同じような割合(国内30%・先進国60%・新興国10%)にすべきなのか悩みますが・・・。

新興国も買うとしたら、ETFに挑戦してみたい気もする。

小規模企業共済:月70,000円

今年3月から加入。最初は月10,000円でしたが、節税のため9月から月70,000円に変更。

増額の際は1年分(84万円)を一括で払いました。次は来年(2017年)9月です。

いきなり7万円×12ヶ月=84万円がなくなるのは危険なため、引き落とし口座に毎月7万円を移してます。

まとめ:当初とかなりブレあり

今年は投資信託で投資デビューということもあり、当初の投資姿勢とかなりブレています。夏に小規模企業共済を満額にしたのも大きく影響してます。

投資を始めたことによって、日経平均やダウを毎日意識を持って見たり(旅行好きなので為替は昔から見てたけど)、政治情報や経済情報を良く読むようになりました。

マイナスでも気にせず続ける、というのがやはり積立て投資のコツなんですかね。今は大幅プラスですが、トランポノミクスの熱狂が終わったら一気に下がりそうで怖い。

2017年も静かにコツコツ積み立てをして、相場が暴落したらスポット買い、そんな感じで行きたいと思います。

コメントを残す