フリーランス女子の投資方針 2016年3月版
投資方針

フリーランス女子の投資方針 2016年3月版

確定拠出年金とNISA口座の開設完了の便りを待つ日々ではありますが、投資の方針について記録用に記しておきます。

投資方針書については、「自分でやさしく殖やせる確定拠出年金 最良の運用術(岡本和久著)」や、同氏のコラム「投資方針書を書こう」に書かれています。

が、見出しはそのままに、中身は自分流で書いてみます。

1. 資産運用の目的

  • インフレに耐えつつ、60代以降に使えるお金を作る
  • よい社会になるように、資産の一部を投資する
  • 投資を通して、経済や金融への理解を深める

2. 運用収益目標

60歳で、現在の価値で5000万円

3. 投資方針・投資環境

投資方針

  • 日本・先進国・新興国向けの低コストのインデックスファンドに、毎月定額を積み立てる。
  • メインは確定拠出年金、運用商品によってはNISAの枠内で、資産分配をして積み立てる。
  • サテライトとして、ひふみプラスに余裕資金を毎月積み立てる可能性あり。
  • 個別株・先物・FXには資金を投入しない。
  • 個人事業の収入が激減し積立てが厳しくなった場合は、積立額を減らすことを躊躇しない。ただし積立てをゼロにはしない。
  • 個人事業の収入が増し資産に余裕が出来た場合は、確定拠出年金は先進国株式ファンドの積立割合を増やし、他ファンドはポートフォリオを崩さないようにNISAまたは特定口座内で積立てを行う。
  • NISAは今後どうなるかわからないが、基本的にリバランス時以外は売買をしない。NISAの期限が来たら仕方なく特定口座に資産を移して運用を続ける。

投資環境

  • 確定拠出年金:SBI証券(月67,000円)
  • NISA:SBI証券(月20,000円程度)

スポンサーリンク

4. アセットアロケーション

以下のポートフォリオは、バランス型ファンドであるセゾン・バンガード・グローバル バランスファンド及びSBI資産設計オープン(スゴ6)等を参考に組み立てた。

  • 日本株 5%
  • 先進国株 35%
  • 新興国株 5%
  • 日本債券 5%
  • 先進国債券 35%
  • 新興国債券 5%
  • 日本REIT 5%
  • 先進国REIT 5%
asset-allocation-01

myINDEX 資産分配ツールより

5. 銘柄と運用口座

資産 ファンド名 運用口座 積立金額
日本株式 SBI TOPIX100・インデックスファンド<DC年金> 401k \4,020
先進国株式 EXE-i先進国株式ファンド 401k \29,480
新興国株式 EXE-i新興国株式ファンド 401k \4,020
日本債券 たわらノーロード 国内債券 NISA \4,020
先進国債券 野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) 401k \29,480
新興国債券 eMAXIS 新興国債券インデックス NISA \4,020
日本REIT たわらノーロード 国内リート NISA \4,020
先進国REIT たわらノーロード 先進国リート NISA \4,020
\83,080

6. 売買執行の方針

  • 1~2年に1度程度、リバランスを行う際に売買が必要であれば行う。
  • 資金に余裕がある場合は、「ひふみプラス」にスポットで投資しても良い。

7. モニタリング

あまり見すぎても心理的に良くないと思うので、年に一度程度または大幅な変動が起きた場合に、リバランスが必要かどうかを確認するために資産状況する。

8. リバランスの基準

  • ポートフォリオの資産配分から15%程度バランス崩れた場合
  • 予期しない暴騰・暴落が起こり、大幅にポートフォリオが崩れた場合
  • 一度リバランスを行ったら、基本的に1年間は触らない

9. 投資方針の変更

1年に1度程度、事業状況と資産状況を照らし合わせ、投資方針に変更が必要かどうか吟味する。

コメントを残す