e-Taxで青色事業専従者給与に関する届出を送信する方法
確定申告・税金

e-Taxで青色事業専従者給与に関する届出を送信する方法

e-Taxソフト(インストール版)で、青色事業専従者給与に関する届出を送信する方法です。

e-Tax、確定申告でもう4年も使っていますが、帳票まで提出出来るとは知りませんでした。税金を投入してここまでのシステムを作っているんだから、もっと宣伝すべき!(私が情弱なだけ?)

e-tax-soft-01

先日も「給与支払事務所等の開設届出書」をe-Taxで送信しました。さすがに今回2回目なので、慣れたのか結構サクサク出来ました。

1. 「追加インストール」で、所得税の科目をインストール

「青色事業専従者給与に関する届出」は、税務署的な科目で「所得税」に該当します。

e-Taxソフトを立ち上げる時に出てくる「追加インストール」画面で、「所得税」をインストールします。

e-tax-senjusha-01

これをインストールしておかないと、「青色事業専従者給与に関する届出」が作れません。何気にハードルが高いです。

スポンサーリンク

2. 青色事業専従者給与に関する届出を作成(=書類の記入)

左メニュー「作成」からスタート

まずは申請書の作成です。「作成」メニューの「申告・申請等」から、「新規作成(N)」を選択します。

e-tax-kaisetsu-02

次の画面で、「申請・届出(A)」「科目 所得税」を選択して「次へ(N)」。

e-tax-senjusha-02「青色事業専従者給与に関する届出(変更届出)」→「青色事業専従者給与に関する届出(変更届出)書」にチェックを入れて「次へ(N)」。

e-tax-senjusha-03

その後、帳票に名前を付けて保存。

e-tax-senjusha-04

申請・申告等の基本情報を入力

申請者の住所やマイナンバーを入力する画面が出ますので、必要なものは入力して「OK」。

e-tax-senjusha-15

一覧に作成する帳票が表示されるので、ダブルクリックで開きます。

e-tax-senjusha-05

青色事業専従者給与に関する届出書に入力

紙の申請書と同じ形式の画面が出ます。入力欄がめちゃくちゃ小さく、非常に見づらいですが、一つ一つ丁寧に入力します。

e-tax-senjusha-06

完成したら「作成完了(Z)」をクリック。これで書類の記入が完了。

3. 電子署名を付与する(=はんこを押す)

この手順ではICカードが必要になります。

左メニュー「電子署名」からスタート

左メニューの「電子署名」を選ぶと、先ほど作った「青色事業専従者給与に関する届出書」が画面に出ています。その書類を選択して「署名」をクリック。

e-tax-senjusha-07

次に電子署名のメディアを選択。

e-tax-kaisetsu-09

ICカードリーダーにカードをセットして、認証局サービスを選択

e-Taxの確定申告時と同様に、ICカードをカードリーダーにセットします。

e-tax-card-01

認証局サービス名を選択。私は住基カードなので「公的個人認証サービス(住基カード)」です。ICカードリーダーにカードがせっとされているのを確認して「次へ(N)」。

e-tax-kaisetsu-10

パスワードを入力して電子署名完了

認証局サービスでの認証が済むと、パスワード入力画面になります。パスワードは役所で登録したものです。

e-tax-kaisetsu-11

確認画面でOKをクリック。

e-tax-kaisetsu-12

これで、電子署名(押印)が完了です。

e-tax-kaisetsu-13

4. 青色事業専従者給与に関する届出書を送信する(=提出する)

これまでの作業で、ハンコ押しまで完了しています。あとは提出です。

「送信」>書類選択でスタート

電子署名が終了した書類が「送信」画面に現れます。それを選択して「送信(N)」をクリック。

e-tax-senjusha-11送っていいかどうか確認が出ますので「OK」をクリックすると次の画面に。

e-Tax用の暗証番号を入力

e-Tax用の暗証番号を入力します。先ほどの電子署名の暗証番号とは別のものです。「OK」をクリックすると送信が実行されます。

e-tax-senjusha-12

送信完了!

お疲れさまでした。これで提出が完了です。

e-tax-senjusha-13

念の為、「保存」「印刷」ボタンから、データを保存しておきましょう。

5. メッセージボックスで確認

送信した書類は、左メニュー「メッセージボックス」で確認出来ます。

e-tax-senjusha-14

メッセージを開いて受付が完了していることが確認出来ればOKです。

6. まとめ

前回(「給与支払事務所等の開設届」を送信)した時は、「なんて面倒臭いんだ!」と感じましたが、1回やって慣れたらそうでもありませんでした。

税務署はそんなに遠くないので行くのは苦ではないですが、移動時間も待ち時間も節約出来るなら「アリ」です、これは。

コメントを残す