キャッシュポストで送金受け取りをする方法(銀行振込編)
お金・銀行

キャッシュポストで送金受け取りをする方法(銀行振込編)

某キャンペーンで、現金1,500円に当選。「キャッシュポスト」という送金サービスで、受け取りました。

そんなに難しくなかったですが、備忘録に一応記録として残しておきます。

今回の方法は2016年6月時点のもので、今後変更になる可能性もあります。最新情報は必ずキャッシュポストのサイトでご確認下さい。

受け取り方法は銀行振込とローソンの2種類

コンビニによく行かれる方は、ローソン受け取りもOKですが、どのみち入力画面での手続きが必要になります。

私はコンビニは殆ど利用しないため、今回は「銀行振込」を選択。

キャッシュポストでの送金受取の流れ

1. 送金元からメールが来る

何がともあれ、メールがないことには何も手続きできません。メールをまずは受け取ります。

スポンサーリンク

メールには「受付番号」や「取引期限」、後で必要になる「認証キー」が書かれています。

今回の取引期限は、メールから1か月後。忘れているとすぐに過ぎてしまいかねません。私は「後でやろう」と思ったら半月過ぎてしまったので、焦って手続きしました。

2. 受付番号を画像認証キーを入力

メールに記載されている「受付番号」を入力、更にスパム対策の画像認証を行って手続き開始です。

web-cashpost-01

3. 受け取り方法を選択

ここで、銀行振込で受け取るか、ローソンで受け取るかを選択します。

web-cashpost-02

私は銀行振込を選択。振込先には先日口座を作った住信SBIネット銀行の口座にすることにしました。

4. 認証キーを入力

「認証キー」は、今回はメールアドレスでした。認証キーを入力して、確認事項にチェックをします。

web-cashpost-03

5. 金融機関を選択

送金を受け取る金融機関を入力。

web-cashpost-04

ゆうちょ銀行の場合は、通常の記号・番号ではなく、他行から受け取る場合の口座番号を入力します。

6. 最終確認

内容を確認し、確認メールを受け取るメールアドレスを入力して「お受取り手続きを完了」をクリック。

web-cashpost-05

7. 手続き完了

銀行への振り込みは、営業日15時以降は翌営業日となります。※ジャパンネット銀行の場合は24時間以内。

web-cashpost-06

今回は土曜の夜に手続きをし、月曜の朝に振り込まれました。早い。

まとめ:忘れないうちに手続きをしよう

受取期限が1か月と、長いようで短いです。気が付いたら過ぎていた!なんてことにならないよう、メールを受け取ったらもうその場で手続きしちゃいましょう。

ローソン受取の場合は、QRコードを入手してLoppiで操作・レジで受け取りとなります。

【参考】ローソン店舗でのお受取り手続きの流れ-キャッシュポスト

送金サービス自体は法人向けのようです。個人でもこれで送金が気軽に出来たら便利だなーと思った次第。

一時所得の確定申告も調べておかないとです。

コメントを残す