【iDeCo】さわかみやコモンズも・・・「独立系」の相次ぐ参入で確定拠出年金は激戦模様
iDeCo ファンド

【iDeCo】さわかみやコモンズも・・・「独立系」の相次ぐ参入で確定拠出年金は激戦模様

本日(2016年10月4日)の日経夕刊。

個人型拠出年金 サービス、現役世代に照準

主婦らに対象拡大 専用投信や口座手数料ゼロ

2017年から運用成績によって年金額が変わる個人向けの確定拠出年金(DC)の対象が主婦や公務員に広がるのに伴い、運用・証券各社が相次ぎ商品やサービスを拡充する。コモンズ投信やレオス・キャピタルワークスが専用の投資信託を準備。証券会社も口座管理手数料をゼロにするなどして新たな個人マネーの獲得を狙っている。

確定拠出年金には会社単位で入る企業型と個人型があり、これまで個人型への加入は自営業や企業年金…

2016/10/4付 日本経済新聞 夕刊

セゾン投信(楽天証券で提供)やレオスキャピタルワークス(SBI証券で提供)の参入は記憶に新しいですが、「独立系」が個人型DC(確定拠出年金)に続々参入の模様。

SBI証券で既に運用中の私は、指を加えて傍観するばかりであります。

スポンサーリンク

「独立系」投資信託各社の参入もよう

自分用にまとめてみました。口座維持手数料は月額(税込)。

取扱機関 ファンド名 運用会社 口座維持
手数料
楽天証券 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド セゾン投信 227円※1
SBI証券
ひふみ年金 レオスキャピタルワークス 324円※2
さわかみ投信 さわかみファンド さわかみ投信 437円
未発表 未発表 コモンズ投信 未発表
  • ※1: 2017年末まで無料、残高10万円以上で無料
  • ※2: 残高50万円以上で無料

独立系の投信としては、他に「ありがとう投信」「鎌倉投信」などがありますが、現時点では参入の発表や報道は見当たりませんでした。

さわかみ投信は商品数が3本のみ!

さわかみ投信は、昨日(10月3日)発表のプレスリリース(PDF)では、3本しか運用商品がありません。

  • 定期預金:スルガスーパー定期 1 年(元本確保型商品)
  • 投資信託:さわかみファンド(国内及び海外の株式や債券に投資する商品)
  • 投資信託:DC ダイワ物価連動国債ファンド(主に物価連動国債に投資する商品)

「業界最少」が売りらしいです。相当のさわかみファンでなければ、ここまで選択肢が少ないと手を出すのは躊躇われます。

既にさわかみ投信で資産運用をしている方や、「個人型DCではバランス型でいい」方向けですかね。

でもここまで運用商品を少なくするなら、口座維持手数料はもうちょっと安くしても良かったのでは・・・、と思わなくもない。

まとめ:これから加入する人たちは選択肢が増えていいなぁ

私が個人型DCを申し込んだ今年3月には、参入の動きは全くありませんでした。2ch情報でも「手数料ならスルガ銀行かSBI証券」という「二択」派が殆ど、何だか適当にSBI証券に申し込んでしまったクチです。

さわかみ投信は既に資料請求受付予約もされているよう。これから加入を検討する公務員や主婦の方は、取り敢えず色々資料を取り寄せて、焦らず決めるのがいいでしょうね~。

参考リンク

コメントを残す