iDeCo/確定拠出年金(個人型DC)の資産配分を株式100%に変えてみた
iDeCo

iDeCo/確定拠出年金(個人型DC)の資産配分を株式100%に変えてみた

先日からSBI証券から次々と発表されている、魅力的なファンド群。この1週間あまりで、以下のファンドの取り扱いが発表されました。

商品分類 商品名 信託報酬(税込)
国内株式 ひふみ年金 0.8208%
みのりの投信(確定拠出年金専用) 1.674%以内
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.2052%
DCニッセイ日経225インデックスファンドA 0.2052%以内
国際株式 iFree NYダウ・インデックス 0.243%
国内REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 0.2052%以内
海外REIT 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 上限0.3024%

※信託報酬は発表時点

あまりに気になるファンドばかりなので、昨晩に数時間ほど悩んだ結果、資産配分を大幅に変更することに。

スポンサーリンク

掛金は自営業者としてはMAXの、67,000円(国民年金付加保険料も払っているので1,000円少ない)です。

もとの資産配分はこうでした。やたら細かい。

asset-allocation-01

http://myindex.jp/

資産配分を株式100%に

それを本日、以下のように掛金の配分を変更。

asset-allocation-02

http://myindex.jp/

REITもなくしました。

まだ締め切り前なのでいくらでも変更できますが。変えるとしても、国内株式を40%、先進国株式50%、でしょうか。

新規取り扱いファンドの販売開始がされたら、

  • 国内株式:「ジェイリバイブ」と「ひふみ年金」
  • 海外株式:「DCニッセイ外国株式インデックス」と「iFree NYダウ・インデックス」

というふうに、半々に買付けようかと、今のところは考え中。

今まで購入した債券・REITファンドは、頃合いをみてスイッチング

現在、4回分の拠出が反映されています。全体の評価額は悲しきかな、マイナスです。手数料だけでも5,000円マイナス。

sbi-401k-1610-06-01

昨日(10月5日)時点で評価額がプラスなのは、以下の4ファンド。

  • 国内株式(SBI中小型割安成長株ジェイリバイブ)
  • 先進国株式(DCニッセイ外国株式インデックス)
  • 新興国株式(三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド)
  • 新興国債券(三菱UFJDC新興国債券インデックスファンド)

そのうちの先進国株式と新興国債券も、今日はプラスですがほぼプラスマイナス0で、マイナスの日もあります。

アベノミクスの終息と同時にに投信を始めてしまったんで、こういう結果なんでしょう。

マイナスとなっているファンドは、値段が上がってきたら、全体のバランスを見てスイッチング(他のファンドに買い替え)しようと思います。

債券とREITクラスは、NISAでバランスファンドに

個人型DCで債券をやめたと言っても、精神衛生上、リスク分散は一応したい。ということで、債券・REITを含んだバランスファンドをNISAで買おうと思います。

NISAは現在、ひふみプラス月1万円のみ

ひふみプラスは安定の運用。Brexit前後でスポット買いしたこともあり、大幅なるプラスです。

sbi-sec-nisa-123-05SBI証券の個人型DCで、姉妹ファンドの「ひふみ年金」が10月14日(金)から配分指定が出来るようになる為、ひふみはDCにして、NISAの「ひふみプラス」は売却します。

今後はNISAでiFree 8資産バランス・インデックスを買うかも

先月(9月)に設定されたばかりの、大和証券の「iFreeシリーズ」。信託報酬が激安で、各方面のブログでも話題でした。

NISAでは「ひふみプラス」に代えて、このうちの「iFree 8資産バランス・インデックス」を積立て購入を検討。債券もREITも入ってます。

daiwa-ifree-balance-01

http://www.daiwa-am.co.jp/funds/detail/detail_tokushoku.php?code=3319

バランス型の信託報酬としては、業界最安値水準の年率0.2484%。信託財産留保額も0%。

本当は資産全体でのアセットアロケーションを考えるべきなのでしょうが、確定拠出年金の拠出額が月67,000円と非常に半端、計算が面倒です。

NISAはリバランス不要なバランス型で、現時点では良しとします。

まとめ:投信を初めて半年、色々わかってきた気がする

リスク資産に投資をし始めて、現在半年。その間、日経新聞を読み始めたこともあり、最初の頃と違い知識も増えてきました。

また、新しく信託報酬の安いファンドがどんどん出てきたり、個人型DCも各金融機関での競争が激しくなってきて、環境も変わっていっています。

初期の投資方針からかなりブレている感もありますが、さもありなん。今後もブレる可能性大。地政学や金融をもっと勉強して、投資スタイルを固めたいですね・・・。

参考リンク

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

コメントを残す