確定拠出年金の取引状況が3ヶ月目で初めてプラスに。ただし手数料を引くとまだマイナス 
iDeCo

確定拠出年金の取引状況が3ヶ月目で初めてプラスに。ただし手数料を引くとまだマイナス 

今年(2016年)3月分から拠出を始めている、個人型DC。今週末は6月引き落とし分(5月分拠出)の約定です。

最初からマイナス気味の成績でしたが、本日損益状況をチェックしたら現時点ではプラスに。長期保有の重要さを、体験にて改めて実感しました。

sbi-401k-160715-01

過去のエントリー

スポンサーリンク

4月末の引き落としから、現在まで合計3回の引き落としが行われています。

ただし、手数料分はまだ稼げていない

手数料を勘案した計算では、まだマイナスです。仕方ないか・・・

sbi-401k-160715-02

今年9月からは、楽天証券が個人型DCを手数料無料で提供しはじめます。SBI証券の対抗策はまだ出ていません。

【関連エントリー】楽天証券が確定拠出型年金に参入!口座管理手数料がほぼ無料で一人勝ちか?

他の金融機関の動向も気になるところではあります。

これから個人型の確定拠出年金を申し込みされる方は、各金融機関の手数料をしっかりご確認下さい。最初から数千円がマイナス、これは大きいですわ。

現時点で騰落率が一番良かったのは、新興国ファンド

新興国株式クラスとして購入しているのは、「三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド」。4月~6月の購入分の2016/7/15時点では、一番リターンが高くなりました。

sbi-401k-160715-03

新興国の株価は上下が激しいので、今はちょうど上向きのところということでしょう。数日後にはめちゃマイナスになっている可能性もあり。

まとめ:プラスになったからと言ってすぐに喜ばない

投資信託は長期保有が基本。3ヶ月の成績だけで一喜一憂することは全くナシ!

毎月変わらず拠出を続けられるように、零細個人事業主は日々働くのみ。

※投資判断は自己責任でお願いします。

コメントを残す